Home / ニュース / 時事ネタ / 【悲報】実写映画「鋼の錬金術師」業者を雇って評価★5を錬金しているとの疑惑!怪しい日本語レビュー多過ぎワロタ

【悲報】実写映画「鋼の錬金術師」業者を雇って評価★5を錬金しているとの疑惑!怪しい日本語レビュー多過ぎワロタ

【悲報】実写映画「鋼の錬金術師」業者を雇って評価★5を錬金しているとの疑惑!怪しい日本語レビュー多過ぎワロタあまりに酷い映画で原作ファンはお通夜状態になっていると、公開前から悪い意味で話題の実写版映画「鋼の錬金術師(ハガレン)」ですが、今度はヤフー映画のレビューに中国人業者を雇って、★5のレビューを量産して、平均評価を上げようと水増ししている疑惑が話題になっています。

★5のレビュー内容を見ると、怪しい日本語が並んでいたり、日本人が通常使わない漢字を使っていたりと、まるで中国で作られた偽物の商品紹介のようなレビューになっています。

本当にこの★5レビューが公式が雇った中国の工作員だったとするならば、その予算を少しでも映画にかけてより良い映画に仕上げてくれた方がファンは嬉しいだろうな。

映画公開は12月1日ですが、その後どのような評価になるのか楽しみですね。

ハガレンの評価に疑問をもつファン達


おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。

その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。

バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

「PlayStation VR+GTスポーツ」がAmazonにて199ドルで販売中!日本での定価の半額以下

先日、ブラックフライデーセール …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.