Home / ニュース / 事件・事故 / コインチェックがクラッカーに盗まれたNEMをハッカーが追跡「盗まれた資金全て把握」

コインチェックがクラッカーに盗まれたNEMをハッカーが追跡「盗まれた資金全て把握」

コインチェックがクラッカーに盗まれたNEMをハッカーが追跡「盗まれた資金全て把握」1月26日に日本国内取引所「コインチェック(Coincheck)」から5億2300万XEM(約580億円相当)が盗まれて、コインチェックでの取引が現在も停止している事件が起きました。

原因は不正アクセスで、全ての資金をマルチシグを欠けずに、ホットウォレットで保管していた事が原因では無いかと言われています。

この盗まれたNEMですが、現在日本人ハッカー(自称17歳JK)が現在追跡中で「盗まれた資金は全て追えている」との事。

日本ではホワイトハッカーと呼ばれるハッカーはNEMコミュニティの日本人開発者で、どうやらNEMのモザイクという仕組みを利用して、盗難した犯人のアドレスからの送金にマーキングして、犯人の追尾を行っているようです。

例えると「盗まれた資金追って犯人の金庫と資金を確認したから、全ての資金に「この通貨はコインチェックから盗まれた物なので取引は拒否してね。」と書き込んでやったぜ!!」ということ。

そんな文字が書かれた通貨は受け取りたくないし、受け取っても使ったら超めんどくさそうだから、誰も手にしたくはないはず。

また、NEM財団も流出した資金の「自動追跡プログラム」の開発を既に行っていて、24時間から48時間以内に導入するとアナウンスしています。

ホワイトハッカーの水無 凛(JK17) さんのツイート

犯人の仮想通貨に付けられたモザイク

コインチェックからクラックされた通貨の流れ

NEM財団からの自動追跡プログラムの開発アナウンス


おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

アメリカ・25年ルール適用で合法的に日産 R32 スカイラインGT-R(BNR32)を初めて輸入したのは警官だった

アメリカでは国内で販売されてい …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.