What's New
ホーム / ニュース / 事件・事故 / 平成最後の福男選びで一番福の22歳既婚男性が消防士なのに大炎上!騙してた女性に嘘がバレて不倫を暴露される

平成最後の福男選びで一番福の22歳既婚男性が消防士なのに大炎上!騙してた女性に嘘がバレて不倫を暴露される

平成最後の福男選びで一番福の22歳既婚男性が消防士なのに大炎上!騙してた女性に嘘がバレて不倫を暴露される悪いことしてるのにどうして目立ってしまったんだろうか。

2019年1月10日早朝、兵庫県西宮市にある西宮神社で、新春恒例となっている「開門神事福男選び」が行われました。

「福男選び」は福を求めて境内を駆け抜け参拝一番乗りを競う行事で、今回が平成最後となります。

今回の福男選びには約5千人が参加し、一番乗りとなる「一番福」には広島県福山市の消防士・山本優希(22)さんがつかみ取りました。

山本さんは「楽しもうと思った。実感はまだないが、こんなにカメラに囲まれたのは初めて。皆さんが1年間笑顔でいられたら」とコメントしましたが、どうやら幸福の頂点から不幸のどん底まで突き落とされてしまう1日となってしまったようです。

1番福をつかみ取り、名前や在住場所などがテレビで報道されて、騙していたという女性が山本さんの本当のプロフィールを知ったとのことで、Twitterに「24歳東京住み警察のはずが彼女おらん一人暮らしのはずがずっと騙されてた。」と投稿しました。

女性は「付き合おう」と言われていたようで、自身が知らされていた山本さんの年齢や職業、さらには妻子持ちという事実を知り、自分が不倫相手にされていたことに気がついたようです。

投稿では山本さんと女性が不倫していた証拠とも取れる画像を公開し、今年の福男を祝いました。

こちらの記事もどうぞ

平成最後の福男選びの様子


山本さんに騙されていたという女性の投稿

女性との正しい接し方

平成最後の福男選び 「一番福」は福山の消防士

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)で10日早朝、境内を駆け抜けて参拝一番乗りを競う恒例の「福男選び」があった。約5千人が参加し、平成で最後となる「一番福」は広島県福山市の消防士山本優希さん(22)が手にした。

一番福となった山本さんは初めての挑戦。昨年7月の西日本豪雨では、被災した地元で人命救助に当たった。「被災地の人が笑顔になれるよう、元気よく走ろうと思った。今年は災害の少ない1年になってほしい」と顔をほころばせた。
参考:kobe-np.co.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

NHKが一線を越える詐欺行為を犯す!管理会社を偽り不法侵入を行い注意喚起される

以前から強引に契約を迫るなど、 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.