What's New
ホーム / 乗り物 / 自動車 / NISMOがR32 スカイラインGT-R(BNR32)用アテーサE-TSユニットの修理を受付開始

NISMOがR32 スカイラインGT-R(BNR32)用アテーサE-TSユニットの修理を受付開始

NISMOがR32 スカイラインGT-R(BNR32)用アテーサE-TSユニットの修理を受付開始パーツが単体では供給されておらず、ユニットで交換するしか無かった「E-TS油圧ユニット(アテーサE-TS)」の修理を開始することをNISMOが発表しました。
対象となるのは「R32スカイラインGT-R(BNNR32)」用の「E-TS油圧ユニット(トルクスプリットアクチュエーターアッセンブリー)(日産純正部品番号:41610-05U00)」で、修理は取扱店にて車載状態で点検を実施後に、故障が確認された部品のみをNISMOが修理する形になるようです。

修理が完了した場合の脱着工賃等を除いた価格は23万円で、目視点検時に修理不可と判断された場合は1万円、分解後に修理不可と判断された場合は3万円といった価格設定になっています。

E-TS油圧ユニットは現在25万円で販売されているので、なんとも言えない価格設定ですが、旧車をサポートしてくれることはとても嬉しいことです。

アテーサE-TSが故障して困っているユーザは、一度取扱店に相談に行ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ

スカイラインGT-R(BNR32)用 E-TS油圧ユニット修理 受付開始

本プログラムは、「NISMOヘリテージ」活動のひとつとして、「NISMOヘリテージパーツ」では対応出来ない部品を“修理”する、新たな取り組みです。対象部品は、スカイラインGT-R(BNR32)用E-TS油圧ユニット(日産純正部品番号:41610-05U00)で、取扱店にて車載状態で点検を実施後、故障が確認された部品のみをニスモに送付していただき、ニスモで修理を実施します。
参考:nismo.co.jp

アキュームレータ交換とオイル全量交換で完治


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

栃木県宇都宮市のベルモール屋上駐車場でホンダ・フリードに乗る男女が隣の車のミラーをぶっ壊して当て逃げ

2019年10月13日に、栃木 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.