日本の峠が舞台のオープンワールドレースゲーム「TOUGE1995」発表!50年から90年代の日本車が登場

日本の峠が舞台のオープンワールドレースゲーム「TOUGE1995」発表!50年から90年代の日本車が登場日本の峠がメインの舞台となり、主人公は峠の走り屋。

そして、オープンワールドレースゲームと来たら、神ゲーの予感しかしない!

アイルランドのデベロッパーから日本の峠をテーマとしたゲーム「TOUGE1995」が発表されました。

プレイヤーは峠の走り屋としてレースすることができ、ライバルとのレースによって賞金を稼ぎ、車やパーツを購入して車を改造することができる様です。

「TOUGE1995」は名前の通り日本の90年代がベースになっていて、峠だけではなく日本の郊外や都市を走ることも可能とのこと。

また、特徴として「車種の多さ」があげられていて1950年代から90年代にかけての日本車が多く登場する予定です。細かいカスタマイズも可能らしいです。

年内にはデモが配信予定らしいので激しく期待しよう。

しかし、こういうゲームを日本のデベロッパーが出さないで海外から出てしまうのはなんとなく悲しいね。

「日本の峠」が舞台のオープンワールドカーゲーム『TOUGE1995』発表


プレイヤーとなるのは、とあるレーサー。「峠レーサー」として名を馳せた父の遺産を守るべく、ハンドルを握ることを決意する。本作は、オープンワールドゲームとなっており、プレイヤーは見渡す限りの山道の「峠」をドライブ、レースすることができるという。ライバルとの争いやレースに勝利することで賞金を稼ぎ、車やパーツを購入し、改造することでスピードの限界を超えていく。

Clifford氏は『TOUGE1995』の特徴として「車種の多さ」をあげている。ゲーム内には1950年台から90年代にかけての日本車をベースとした車が多く登場する予定で、それらはすべて細かくカスタマイズできる予定であるという。またゲーム内の世界観は、1990年代の日本がベースとなっており、峠だけでなく日本の郊外や都市を走破することも可能であるようだ。本作は、基本的には暗い夜の時間でゲームプレイが展開される。

Clifford氏に「日本の峠」をテーマとしたゲームを開発することを決意した理由についてたずねたところ、「日本の車文化を考えた時に、多くの人が日本の丘の暗いストリートを好んでいると感じた」と答えた。美しい夜景と荒々しいレースのギャップがこうしたロマンに強い愛着を抱いているとのこと。ゲームの開発初期から「雨の降った日本の峠」を、本作のイメージとして頭に焼き付けているという。
参考:automaton.am

街道バトル2 CHAIN REACTION

街道バトル2 CHAIN REACTION

6,500円(05/31 00:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

検察庁前でテンピン賭け麻雀「黒川杯」開催!大量の麻雀好きギャラリーが集まり見守る

先日元検事長の黒川弘務さんと、 …

ポケモンGO 2020年6月からのイベントや変更点 まとめ

ポケモンGOで2020年6月か …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.