国立劇場がPPAPを本気で邦楽アレンジ「PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)」

国立劇場がPPAPを本気で邦楽アレンジ「PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)」先日新曲「I LIKE OJ」を発表して絶好調のピコ太郎さんですが、その大ヒット曲「PPAP」を国立劇場が本気で和風・邦楽アレンジした動画が話題になっています。

公開された動画は「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)/国立劇場版PPAP」と題されたもので、PPAPを日本の伝統芸能で表現した作品になっています。

笛、小鼓、太鼓、三味線、唄で演奏されていて、真ん中には「日本芸術文化振興会(国立劇場)」のゆるキャラ「くろごちゃん」がペンと三方をあわせて踊る「PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)」となっています。

三方とは、神道の神事において使われる、神饌(日本の神社や神棚に供える供物のこと【しんせん】)を載せるための台

国立劇場版PPAP「PNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)」


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ125人前後感染!100人以上が2日連続

2020年7月3日、東京都内で …

東京都内で新たに新型コロナ100人以上感染!GW中の水準に戻る

2020年7月2日、東京都内で …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.