兵庫県加西市が全職員からの10万円寄付で新型コロナ対策財源想定!市長「ぜひ基金への寄付を」

兵庫県加西市の西村和平市長が、新型コロナウイルス対策の財源に、全職員から10万円ずつの寄付を集めた想定の予算を組んだことが話題になっています。

全国民に一律10万円が給付される「特別定額給付金」をあてこんだ取り組みとみられていて、市は任意としていますが、職員からは「半強制的な寄付だ」と反発の声が出ているようです。

以前にも市職員の給付金を寄付させて新型コロナ対策の財源とする自治体がありましたが、当然炎上しました。

いまさら炎上しているやり方を積極的に採用するというのはいったいどのような考えから行われたのでしょうか。

西村和平市長は4月末以降に「このような苦しい時こそ、加西市が一丸となって対応していくことが求められている」「ぜひ基金への寄付を」と全職員に呼びかけていたようです。

こちらの記事もどうぞ

全職員から10万円寄付前提でコロナ予算

兵庫県加西市が新型コロナウイルス対策の財源として、正規の全職員(約600人)から10万円ずつを寄付形式で集めることを想定した予算を組んだ。
参考:news.livedoor.com

Twitter上の反応

炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則

炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則

シバター
1,247円(10/30 07:04時点)
発売日: 2019/12/16
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

Go Toトラベルの割引額がまさかの課税対象と判明!Go Toキャンペーン利用者は要注意

国内旅行代金の50%相当額を国 …

PS5が予約できない人もクリスマス前後までに購入可能か!SIE・CEOが生産を急ピッチで続けていると発表

現在全世界で激しい予約戦争が繰 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.