Wi-Fi電磁波で学力低下を懸念し市議らが意見交換会!虚構新聞も現実の記事だと注意

2020年12月8日に、Wi-Fi電磁波が人体に影響を与え、学力低下を招くことなどを懸念する市議会議員らが、Wi-FIにより生じる「電磁波過敏症」という現時点では医学的エビデンス不明の概念への対策などについて、意見交換会をオンラインで開催しました。

Twitter上では「パナウェーブ研究所」「Wi-Fiで健康を害する人、自宅で電子レンジを使った瞬間に即死」などと話題になっていて、虚構新聞の公式が「本誌ではなく現実の記事です」と異例のアナウンスを行っています。

また、この意見交換会がオンラインで開催されていることについても疑問が続出しています。

こちらの記事もどうぞ

Wi-Fi電磁波で学力低下を懸念、市議ら意見交換会

電磁波が人体に影響を与え、学力の低下を招くことなどを懸念する市議会議員らは8日、無線LANにより生じる「電磁波過敏症」への対策などについて、意見交換会をオンラインで開催した。

GIGAスクール構想でICT環境を整備するに当たって、電磁波による問題点とそれへの対策を話し合った。
参考:kyoiku-press.com

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

成人式後の会食でクラスターが多発!愛知では18人感染 市長「何回も自粛をお願いしたのに」

2021年は非常に多くの自治体 …

日本政府が東京五輪の中止を決定!2032年開催プランが水面下で進行中と報じられる

新型コロナウイルスの感染拡大に …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.