VISAとMasterCardがロシアでのカード決済事業停止を発表!ロシア国外発行のカードも使用不可に

2022年3月5日、アメリカの大手クレジットカード会社「VISA(ビザ)」と「MasterCard(マスターカード)」が、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受けて、ロシア国内でのカード決済事業を停止すると発表しました。

VISA、MasterCard、AMEX、JCBなどはすでに決済ネットワークからロシアの複数の金融機関を排除する措置をとっていましたが、今回VISAとMasterCardはさらに踏み込んだ対応を行う事になります。

今回のカード決済事業停止により、ロシアの金融機関が発行したカードに加え、他の国の金融機関が発行したカードもロシア国内では使用ができなくなります。

VISAは「ロシアによるウクライナへの理由なき侵攻を受け、行動を起こさざるを得なくなった」と声明を発表し、MasterCardは「世界は、軍事侵攻による衝撃的な状況を1週間以上にわたり見てきた。前例のない衝突と不透明な経済状況を考慮し、今回の措置を決定した」と声明を発表しました。

今回の措置により、ロシア企業のビジネスインパクトは非常に大きなものとなり、ロシアの経済が非常に厳しい状況に加速していくことが予想されます。

キャッシュしか使えなくなって20世紀に一気に逆行だね。
戦争が起きると文明が退化するってのはマジだった。

こちらの記事もオススメです!

「マスターカード」と「ビザ」 ロシアでのカード決済事業停止

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受けて、アメリカの大手クレジットカード会社のマスターカードとビザは5日、それぞれ、ロシアでのカード決済事業を停止すると発表しました。

ロシアの金融機関が発行した両社のクレジットカードの決済ができなくなるほか、ほかの国の金融機関が発行したカードもロシア国内では使えなくなるということです。

両社は、すでに決済ネットワークからロシアの複数の金融機関を排除する措置をとっていて、ロシアによる軍事侵攻が続いていることを受け、さらに踏み込んだ対応を行うことになりました。

参考:nhk.or.jp

Twitter上の反応

はじめてのルーヴル (集英社文芸単行本)

はじめてのルーヴル (集英社文芸単行本)

中野京子
1,362円(03/05 02:25時点)
発売日: 2013/07/10
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

首都高・辰巳第二PAを意図的に逆走するプリウスが話題に!高齢男性風の運転手が窓から顔出し逆走

首都高速道路にある辰巳第二PA …

静岡でイキリスリップしたRX-8が歩道に突っ込み大破!一部始終がライブカメラに映る

2024年2月29日、静岡県浜 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.