闘病の末14歳で亡くなった少年の最後の願いは「スポーツカーで葬送」 2200台以上集まり町を封鎖して大進行

闘病の末14歳で亡くなった少年の最後の願いは「スポーツカーで葬送」 2200台以上集まり町を封鎖して大進行1週間前に闘病の末がんで亡くなった14歳の少年は、少年のために集まったスポーツカーオーナー達の2,100台以上のスポーツカーと100台のオートバイのパレードで最後の願いを叶えました。

アメリカ・ミズーリ州に住む少年・アレックス・イングラムさんは4年間の間、珍しい骨がんと戦いました。

彼はスポーツカーに情熱を注いでいて、最後の願いはスポーツカーの車列を彼の葬儀に導くことでした。

彼の家族と支持者はFacebookで彼の最後の願いを広めた結果、コミュニティはそれに答え、アメリカとカナダの約2,200台のスポーツカーとバイクが彼の最後の願いを叶えるためにワシントンに旅行して、町を封鎖して大進行が行われたようです。

少年のために集まったスポーツカーオーナー達の動画


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

高校の教室が新型コロナの影響でとんでもないことに!「公平性に欠ける」「何も見えなかった」

Twitter上で新型コロナ対 …

池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が控訴せず禁固5年の実刑判決確定!ただし収監されない可能性も

2021年9月17日、 月2日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.