Home / 乗り物 / 自動車 / フロントガラスの凍結をお湯を使わずに簡単に溶かす裏技

フロントガラスの凍結をお湯を使わずに簡単に溶かす裏技

フロントガラスの凍結をお湯を使わずに簡単に溶かす裏技冬場は朝から車に乗ろうとしたらフロントガラスが凍っていて前が全く見えない!って事ありますよね。車を止めておいて夜帰ろうとしたらフロントガラスが凍っているなんてこともあって焦ったこともありました。

お湯を凍っているガラスにかけると急激な温度変化で破損の可能性もあるからあまりやりたくないよね…
特に、自宅じゃないとお湯もないからウォッシャー液流してデフで暖めてあげるしか無かった…

10分ぐらい解凍にかかりました…

時間があるときなら良いけど、時間が無いときにそんな方法で解凍していたら焦って運転してしまうので危険です。

そんな時にフロントガラスの凍結にお湯を使わずに簡単に溶かす裏技を紹介していきます。


スポンサーリンク

解凍グッズを使う

1番簡単なのは解凍グッズを使ってしまう方法ですね。
最近良くあるのは解氷剤スプレーです。
コレを使うと1分ぐらいで解凍することが出来ます。

凍結が多い地域では車に一本積んでおくと良いですね。

また、事前に凍結することがわかっていたり毎日凍結してしまう場合はこのようなシートタイプの凍結防止対策がコスパがいいと思います。
車に乗る前にシートを外すだけなので簡単で時間もかかりません。

凍結対策の裏技

アルコールスプレー

なんと、アルコールスプレーで30秒かからないぐらいで解凍が出来てしまいました。
簡単に作れてとても凍結に有効なので作って車においておくと捗りそうです。

作り方は簡単です。
必要な物は水とアルコールだけでアルコール:水を2:1の割合で混ぜてスプレーボトルに入れておきます。アルコールはエタノールでも問題ないようです。

ビネガースプレー

もう一つの方法はどこの家庭にもある「酢」を使います。

フロントガラスを凍らせないように夜の間に酢を吹きかけておきます。
凍った状態でも酢を吹きかけると通常より早く解氷出来ます。

フロントガラスの凍結にお困りの方は是非試してみて下さい。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

秋限定の黄色いトンネル 日本の四季と日本の名車(BNR34)

 「日本には四季がある」は誤り …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.