Googleが4K対応の超本気ゲームストリーミングプラットフォーム「STADIA」発表

Googleが4K対応の超本気ゲームストリーミングプラットフォーム「STADIA」発表Googleが新ゲーム機となるゲームストリーミングプラットフォーム(クラウドゲーム機)「STADIA」を発表しました。

STADIAはChromeブラウザで動作可能になっていて、パソコンの性能やゲーム機自体の性能に依存せずに、Windows、Mac、スマホ、テレビにChromecast等、どんな端末でも同じようにプレイできます。

まずは4K・60fpsで動作する様ですが、将来的には8K・120+fpsで動作する様になるとのことです。

STADIAの性能はPS4の約6倍で、グラフィックボードではGTX1080Ti並の10.7TFlopsを有しています。

今回のGDC2019では「Assassin’s Creed:Odyssey」を動作させるデモを行いましたが、ヌルヌルと動作しています。

今後は回線さえしっかり速度が出る環境を整えれば、ゲームをプレイする環境を整える必要は無くなりそうです。

Googleが保有する大量のサーバーを生かしたパワープレイで、ゲーマーのゲーム環境は一気に変わりそうです。

STUDIAは2019年にローンチ予定で、アメリカ、カナダ、イギリス、欧州等で開始されます。

現時点で日本でのサービス展開予定は確認できていません。

こちらの記事もどうぞ

Googleが発表したSTUDIAの内容

STADIAの仕組み

GoogleのSTADIA公式発表


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

水素水に続きまさかの「水素マスク」が登場!ヒアルロン酸も塗布で全てを解決か

アンチエイジングなど、美容や健 …

東京五輪延期による追加費用とは別にコロナ対策で1000億円!追加合計3000億円で当初の開催予算と同等に

2021年夏に延期された東京五 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.