東京でサクラ開花を気象庁が発表 昨年より4日遅く平年より5日早い

東京でサクラ開花を気象庁が発表 昨年より4日遅く平年より5日早い2019年3月21日(木)午前に、東京と福岡市でサクラの開花が確認されたと気象庁が発表しました。

今年の桜開花は昨年よりも4日遅く、平年より5日早いです。

西日本と東日本の各地では来週にかけて桜の開花が予想されているようです。桜は開花後1週間から10日ほどで満開となる見込みのようです。

今日はいきなり暖かくなり、強風が吹いています。花粉もものすごい勢いで飛んでいて雨で濡れた地面が黄色くなっている所もあるようです。

こちらの記事もどうぞ

花粉飛散が多くて地面が黄色くなる

サクラ開花 東京と福岡で 気象庁発表

21日午前、東京と福岡市でサクラの開花が発表されました。いずれも平年より早い開花です。
参考:nhk.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

水素水に続きまさかの「水素マスク」が登場!ヒアルロン酸も塗布で全てを解決か

アンチエイジングなど、美容や健 …

東京五輪延期による追加費用とは別にコロナ対策で1000億円!追加合計3000億円で当初の開催予算と同等に

2021年夏に延期された東京五 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.