「ポケットモンスター 金・銀」体験版のベータ版データがリーク!初期デザインのポケモンが大量に発見される

「ポケットモンスター 金・銀」体験版のベータ版データがリーク!初期デザインのポケモンが大量に発見される金・銀世代には胸熱のベータ版データ。

1999年11月21日に発売されたポケモン第二世代が登場する「ポケットモンスター 金・銀(ポケモン金銀)」ですが、実はリリース前に、任天堂がポケモン金銀の体験会を開催していました。

体験会は1997年に開催されたNINTENDO SPACEWORLD’97で行われ、ここではポケモン金銀の体験版データ(ベータ版)が使用されており、来場者はベータ版のポケモン金銀をプレイすることが出来ました。

そんなベータ版のROMデータが、20年越しにリークされて海外で話題になり解析が進んでいるようです。

ベータ版には製品版のポケモン金銀では、採用されていなかった要素が複数あります。

  1. 没となった初期デザインのポケモン
  2. 没になった初期デザインのトレーナー
  3. 没になった初期デザインの日本全国を巡れるマップ
金銀御三家となっている、ヒノアラシとワニノコも、ホノオグマとクルスというポケモンになっていて、ヒノアラシとワニノコの初期デザインとなっているようです。
ベイビィポケモンは製品版で登場した8種類とは違う6種類が登場していたり、第一世代で登場したポケモンの進化前の姿と考えられるポケモンも多数登場しています。
キリンリキのデザインに関しては昔から有名な話があり「元々二頭の馬が繋がっているデザインでしたが、見た目がシャム双生児を連想させるので没になった。」との噂がありましたが、ベータ版に登場する初期デザインを見ると、本当に噂のままのデザインになっています。
ポリゴン2は完全にポン・デ・ライオンと外見がそっくりですが、ベータ版が出たのは1997年なのに対して、ポン・デ・ライオンが初めて世に公開されたのは2003年とのことなので、ポリゴン2が先に世に登場していたようです。
伝説3犬は製品版で登場したライコウ・エンテイ・スイクンとはだいぶ違い、4足歩行のポケモンと言うことはこの段階から決定していたことがわかります。

ベータ版が体験出来た「NINTENDO SPACEWORLD’97」の映像や画像を見ても、同じポケモンが登場しているため、今回リークされたROMデータは、本物だと言えそうです。

こちらの記事もどうぞ

当時のNINTENDO SPACEWORLD’97動画

ポケモン金銀ベータ版に登場する全ポケモン

ポケモン金銀ベータ版のダウンロードリンク

  1. Proto:Pokémon Gold and Silver
ポケットモンスター 金|オンラインコード版

ポケットモンスター 金|オンラインコード版

1,073円(06/02 07:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーが臨時休園継続決定!再開日は決定次第お知らせ

東京ディズニーリゾート(TDR …

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が6月8日から一部営業再開!当面は関西2府4県在住者限定

大阪・ユニバーサル・スタジオ・ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.