日産 R35 GT-R NISMO GT3 2018年モデルが6,000万円で販売開始 エアコン設置も可能

日産 R35 GT-R NISMO GT3 2018年モデルが6,000万円で販売開始 エアコン設置も可能2018年モデルが最後のR35 GT-R GT3になるのかな?

NISMOは日産 GT-R(R35)NISMOをベースにFIA GT3規則に合致したレース専用モデル「NISSAN GT-R NISMO」2018年モデル発売を発表しました。

完全受注生産で2019年1月頃よりデリバリーが開始される予定です。価格は税別6,000万円からとなっています。

外観の変化は少ないようですが、中身はかなり変わっているようで、2018モデルからエアコンの設置も可能になったようです。

こちらの記事もどうぞ

2018年モデルの開発ポイント

  1. 車両パッケージの見直しによる 低重心化及び 重量配分の最適化
  2. 専用設計されたサスペンションによる運動性能の向上
  3. 安定したダウンフォース特性と空気抵抗の両立
  4. 最新の解析技術を活用した前後の剛性(曲げ、ねじり)の改善とリニアリティ向上
  5. ドライサンプ化による低重心化と潤滑信頼性の両立
  6. トランスミッションの新設計によるメンテナンス距離の延長
  7. ブレーキの強化と耐久信頼性改善
  8. 専用設計したエアコンシステムをオプション設定し、耐久レース等でのドライバーの疲労を軽減し快適性を確保

片桐隆夫 ニスモ社長コメント

「2018年モデル」のNISSAN GT-R NISMO GT3は、これまでニスモがレース活動で培ってきた技術のすべてを投入した車両で、世界各国のGT3レースで活躍できる仕上がりとなっています。実戦参戦初年度ながら、すでにSUPER GT(GT300クラス)で3位表彰台、またブランパンGTシリーズアジアでも総合3位を獲得するなど、競争力の高さを示しています。いち早くGT-Rを選んで好成績を上げてくれたオフィシャルパートナーチームに感謝するとともに、多くのチームが「2018年モデル」のNISSAN GT-R NISMO GT3でレースに参戦してくれることを期待しています。
参考:nismo.co.jp


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

休園中の東京ディズニーシーが廃墟っぽくてゾンビが出そうな感じになってしまう

新型コロナウイルスの影響で東京 …

緊急事態宣言を全面解除へ!25日に解除する方向で最終調整

日本政府は新型コロナウイルスの …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.