Home / ゲーム / ポケモン / ポケモンGO / ポケモンGO 最新版(0.37)のroot化対策を回避してプレイする方法 まとめ

ポケモンGO 最新版(0.37)のroot化対策を回避してプレイする方法 まとめ

ポケモンGO 最新版(0.37)のroot化対策を回避してプレイする方法 まとめ先日の最新アップデート(0.37 / 1.7.0)「ポケモンGO(PokemonGO)」root化と脱獄しているユーザの締め出しを行いました。

Android端末を利用している人の中には、不正利用目的以外でroot化している方も多いと思います。しかし、残念ながら一部の悪意のある不正ユーザが存在するためにポケモンGOはroot化済みAndroid端末でプレイする事ができなくなってしまいました。

一度root化してしまうと、利便性からなかなか非root化状態には戻せなくなってしまいます。

というわけで、今回はroot化対策を回避してプレイする方法をご紹介していきます。


スポンサーリンク

RootCloak等のroot化隠蔽アプリは効果無し

root化端末で動かないアプリを使用するときにはお約束の有名対策回避アプリ「RootCloak」がありますが、残念ながらこのような対策回避アプリはポケモンGOの対策に効果を発揮できないようです。

RootCloak以外にも何個かroot化を隠すアプリを使用してみましたが、いずれも効果を発揮しませんでした。

残念ながらポケモンGOをプレイするには以前から存在するアプリではプレイ不可のようです。

Magiskでroot化する

どうやら、ポケモンGOのroot化チェックは「SafetyNet API」を利用して行っているようです。

この「SafetyNet API」は以前Android Payでroot化チェックに使われていて、その時にroot化対策を回避する方法として「Magisk」を利用してroot化することで回避出来ていました。

ポケモンGOも同じチェック方法が使われていることから、同じ方法で回避出来るのではないかと試されたところ、回避可能でした。

しかし、この方法では現在root化してある端末をMagisk用のイメージデータと、Magisk用のSuperSUを利用してroot化し直さなくてはなりません。

Magiskでroot化し直す方法

簡単にですがMagiskを利用してroot化し直す方法をご紹介していきます。

この方法の端末環境:Android 5.0+ , SuperSU v2.78 , TWRP 3.0.2-2

必要なデータ

    Magisk V6
    phh’s SuperUser 17
    Magisk Manager v1.2

現在のroot化を解除する

    1. SuperSUを開いて 設定 > クリーンアップ > ルート権限を放棄(アンルート)を選択

    1.1. Xposedを利用している場合は自分の環境に対応する「アンインストーラー」をダウンロードしておく

    1.2. カスタムリカバリ画面に入り、リカバリーモードからダウンロードしたアンインストーラーを選択して「Install Image」を選択

    1.3. 「Wipe cache/dalvik」を選択しキャッシュを消去後に「Reboot System」で再起動

    2. カスタムリカバリ画面に入り「Install」を選択しダウンロードした「Magisk V6」を選択

    3. 「Add more Zips」を選択してダウンロードした「phh’s SuperUser 17」を選択

    4. スワイプしてFlashする

    5. 「Wipe cache/dalvik」を選択しキャッシュを消去後に「Reboot System」で再起動

    6. ダウンロードした「Magisk Manager v1.2」をインストールする

    7. PlayストアからSuperUserをインストールする

ポケモンGOをプレイする方法

    1. Magisk Managerを開いて「Root Toggle」をオフにする

    2. ポケモンGOを起動する

「Root Toggle」をオフにすることで一時的にroot化を無効にすることができます。ポケモンGO以外にもroot化対策が行われているアプリにも有効な方法なので必要なアプリがroot化対策されまくっている方はこの機会にMagiskでrootを取り直しても良いかもしれません。

ポケモンGOをダウングレードする

個人的にはこの方法がおすすめです。

root化し直すのは割とめんどくさいし、なんかあったときは結局リカバリして全て環境構築し直さないといけないので、結構時間がかかってしまいます。

ポケモンGOを一つ前のバージョン0.35.0にダウングレードするとroot化対策は回避出来ますが、相棒ポケモン機能は利用できません。

ポケモンGOをダウングレードする方法

    1. ポケモンGO(0.37.0)をアンインストールする

    2. APKMirrorからポケモンGO(0.35.0)をダウンロードする

    3. 0.35.0のAPKをインストールする

    4. PlayストアからポケモンGO画面を開き「自動更新」を無効化する

※追記
9月26日現在更新の通知が出てしまい、最新版以外ではプレイ出来なくなってしまいました。

Android Payのroot対策回避方法がMagisk以外出てきていないのでなんとも言えませんが、ポケモンGOぐらいユーザがいればいずれMagisk以外にも回避方法が出てくる気がします。

新しい回避方法が出てくるまでは、ダウングレードしてプレイしておいても良いかもしれません。
※紹介した方法の利用は全て自己責任でお願い致します。当サイトは一切の責任を負いかねます。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

GTAオンライン カーディーラーアップデートが12月配信決定!自動車専門強盗でキャッシュを稼げ

GTAオンラインの最新アップデ …

3 comments

  1. SOCOM@名無しさん

    magiskを使うそうですが、Super SUのSUを隠す機能じゃ駄目でしょうか?

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.