模型メーカー「タミヤ」社長の田宮昌行氏が59歳で病気により死去!模型ファンから追悼の声が相次ぐ

模型メーカー「タミヤ」社長の田宮昌行氏が59歳で病気により死去!模型ファンから追悼の声が相次ぐ日本の大手模型メーカー「タミヤ(静岡市)」の田宮昌行社長が、2017年5月1日に病気のため死去したことが11日わかりました。社長は59歳で、死因は非公開となっています。

田宮昌行氏は、田宮俊作会長の娘婿にあたり、2008年に社長へ就任しました。また、それ以前からプラモデルの生産拠点があるフィリピンの子会社社長を務めていたようです。

後任の人事について担当者は「まだお話しできる段階ではありません」と話しています。SNSでは模型ファンから追悼の声があふれています。

こちらの記事もどうぞ

Twitterに相次ぐ追悼の声

タミヤ社長の田宮昌行氏が死去 「模型材ではお世話に…」と追悼の声

「ミニ四駆」などで知られる模型メーカー・タミヤ(静岡市)の田宮昌行(たみや・まさゆき)社長が、2017年5月1日に病気のため死去した。同社担当者によると、59歳だった。死因は非公表という。
参考:j-cast.com

タミヤセメント(角びん)

タミヤセメント(角びん)

516円(01/18 12:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

組織委・森喜朗会長が東京五輪開催の為に最後の秘策を発表

世界中で新型コロナウイルスが急 …

静岡県が全力で鎖国活動を開始!県内住民の移動にも容赦なし「静岡に来ないで!自粛して!」

静岡県が県外の人間をブロックし …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.