ホーム / ニュース / 官房長官が違法漫画配信サイトに対しブロッキングを含め検討と見解を示す

官房長官が違法漫画配信サイトに対しブロッキングを含め検討と見解を示す

官房長官が違法漫画配信サイトに対しブロッキングを含め検討と見解を示すついに国レベルで動きが出るか…

菅義偉官房長官が2月19日午後の会見で、漫画や雑誌等を無料で閲覧できる違法配信サイト(海賊版サイト)に対して、接続遮断(ブロッキング)を含め、あらゆる可能性を検討していると見解を示しました。

この海賊版サイトによって、漫画・アニメの著作権者達に約4,000億円の損害があるとの試算もあるという質問に対し、菅長官は「マンガ・アニメ違法コピーや海賊版サイトが深刻化しているとの認識を持っている」「インターネットの海賊版に対し、サイトブロッキングを含め、あらゆる方策の可能性を検討している」とコメントしました。

海賊版が横行に対しては「コンテンツ産業の根幹を揺るがしかねず、早急に対策を講じていかねばならない」とコメントしました。

ついに国レベルでの動きも視野に入ってきましたが、単純な遮断じゃ対応は難しいと思うので、いったいどんな手段を使って対策してくるのか楽しみです。

ブロッキングをホントに行うとしたら、次回「漫画村がブロッキングされたの知ってるクマ?」「実はプロキシ利用でブロッキングが回避出来るクマ」「すごい!簡単に回避出来るウサ!」っていう記事が、他のドメインのサブサイトから配信されそう。
参考:reuters.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

台風被害を受けた川崎・武蔵小杉のタワマンが事故物件扱いで資産価値の暴落!成約困難になり住民が市に賠償請求

2019年10月12日に関東地 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.