セブン‐イレブンの生ビールサーバー「非常に反響があり、販売体制等の関係で中止」

セブン‐イレブンの生ビールサーバー「非常に反響があり、販売体制等の関係で中止」マジかよ。当初想定してたよりもやっぱり反響デカかったんだな。

先日、セブン‐イレブンの一部店舗で7月17日から「生ビールサーバー」のテスト運用が始まる予定と報じられていた件ですが、提供中止になったことがわかりました。

Sサイズ税込み100円、Mサイズ税込み190円という、格安居酒屋の悲鳴が聞こえてくるお手頃価格設定でした。

ネット上でこのビールサーバーの記事が拡散されると、手軽にお得に生ビールが飲めると喜びのコメントが目立つ一方で、治安が悪くなる、飲酒運転が増えるといった否定的なコメントもありました。

今回の提供中止の理由は「非常に反響が有り、需要の高まりが想定されたことから、販売体制等の関係で中止という判断に至りました」と、セブン-イレブン・ ジャパン広報室は回答していて、今後の提供について現時点では「未定」となっているようです。

これは、当初想定していた販売数を大幅に上回りそうで、需要に対して提供が追いつかないから、販売体制を見直してから提供するって事なんですかね?

Twitterでは治安悪化や飲酒運転助長といったコメントが目立ってたけど、イートインスペースなんて昼間は老人しかいないし、深夜は閉鎖してて老人も中年も若者も店の外にいるから、手に持ってる物が缶ビールから生ビールに変わるだけだと思うし、飲酒運転だって今も昔の時代が忘れられなくて運良く規制強化後から一度も捕まってない中高年がいつも通り行うか、普段から飲酒運転してる奴がいつも通り飲酒運転するだけだと思う。

+αぐらい増えるかもしれないけど、誤差の範囲じゃないかな。

それより、店舗近くで定期的に飲酒検問やって検挙するためのトラップにした方が良さそう。

今後、セブンイレブンがどのような判断をしていくのかわかりませんが、続報に期待しましょう。
参考:nlab.itmedia.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.