ホーム / ニュース / 【訃報】辺野古新基地反対の翁長沖縄県知事が膵臓がんのため67歳で死去

【訃報】辺野古新基地反対の翁長沖縄県知事が膵臓がんのため67歳で死去

【訃報】辺野古新基地反対の翁長沖縄県知事が膵臓がんのため67歳で死去沖縄県・辺野古への新基地建設反対を訴えていた、沖縄県知事の翁長雄志(おなが たけし)(67)さんが2018年8月8日19時までに、膵臓(すいぞう)がんのために入院中の病院で亡くなったことがわかりました。

6月には県議会6月定例会に出席して、「知事の責任を全うする」と話していました。

ご冥福をお祈り致します。

沖縄・翁長知事死去


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

札幌の爆発事故は不動産屋「アパマンショップ」がスプレー缶100本穴開け後に給湯器のスイッチで点火か

2018年12月16日20時3 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.