ホーム / ニュース / DeepFake(人工知能)を使ってターミネーター2のシュワちゃんをスタローンに変更した動画が自然過ぎて違和感が仕事しない

DeepFake(人工知能)を使ってターミネーター2のシュワちゃんをスタローンに変更した動画が自然過ぎて違和感が仕事しない

DeepFake(人工知能)を使ってターミネーター2のシュワちゃんをスタローンに変更した動画が自然過ぎて違和感が仕事しないこれはかなりの成功例…LAHのシーンが現実に。

DeepFake(ディープフェイク)という人工知能に基づく人物画像合成の技術を利用して、映画「ターミネーター2」のT-800役を演じるアーノルド・シュワルツネッガーの顔を、シルヴェスター・スタローンと入れ替えたパロディ動画が公開されました。

サングラスを装着したシーンを除き、ほぼ全てのシーンが違和感なく、合成と言われてもなかなか気づくことが難しいレベルの完成度になっています。

違和感が殆ど仕事をしていないのは、シュワちゃんだろうがスタローンだろうが大きな差が無いことが原因かもしれません。

どちらの顔がT-800を演じていても、その恐ろしさまで再現しています。

こちらの記事もどうぞ

DeepFakeを利用して作られたスタローンが演じるターミネーター2の動画


DeepFakeとは?

ディープフェイク(deepfake)は「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake)」を組み合わせた混成語(かばん語)で、人工知能にもとづく人物画像合成の技術を指す。「敵対的生成ネットワーク(GANs)」と呼ばれる機械学習技術を使用して、既存の画像と映像を、元となる画像または映像に重ね合わせて(スーパーインポーズ)、結合することで生成される。 既存と元の映像を結合することにより、実際には起こっていない出来事で行動している1人あるいは複数人の偽の映像が生み出されることとなる。

そのような偽の映像で、例えば、実際にはしていない性行為をしているように見せかけたり、実際とは異なる言葉やジェスチャーに変更するといった政治的な利用が可能となる。これらの機能により、有名人のポルノビデオまたはリベンジポルノの偽造作成のため、ディープフェイクが使用される可能性がある。さらに、ディープフェイクは、虚偽報道や悪意のあるでっち上げを作成するためにも使用され得る。
参考:wikipedia.org

現実になってしまったラスト・アクションヒーローのワンシーン


ラスト・アクション・ヒーロー [Blu-ray]

ラスト・アクション・ヒーロー [Blu-ray]

アーノルド・シュワルツェネッガー, オースティン・オブライエン, F・マーリー・エイブラハム, チャールズ・ダンス, トム・ヌーナン, アンソニー・クイン, マーセデス・ルール
1,414円(01/23 13:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

最新作「メダロットS」配信開始!バトルシステムそのままスマホでロボトルファイト

メダロット最新作がスマホで登場 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.