東京マラソンが新型肺炎受け一般参加中止!道路規制しエリート200人だけで開催

東京マラソンが新型肺炎受け一般参加中止!道路規制しエリート200人だけで開催2020年3月1日に開催が予定されているマラソン大会「東京マラソン」ですが、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、一般参加者の出場参加を取りやめ、エリート選手のみで実施すると決定しました。

東京マラソンには約3.8万人の出場が予定されていましたが、一般人の参加は中止となり、エリート選手約200人のみで開催されることになります。

一般参加費(マラソン:国内16,200円 / 10km:国内5,600円)の返金や払い戻しについては、今後財団が検討を続けるようです。

東京マラソンは東京五輪男子マラソンの代表選考会も兼ねているため、エリート選手の参加中止は難しいものの、一般人の参加は新型コロナウイルスの感染が拡大している現在行う必要がないという判断なのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ

東京マラソン 一般参加取りやめ

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東京マラソンを主催する財団は17日、3月1日の大会について、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると決めた。東京マラソンの定員は約3万8000人だが、大幅に規模が縮小される。男子は東京五輪代表選考会を兼ねている。
参考:mainichi.jp

Twitter上の反応



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

安倍首相が緊急事態宣言!7都府県対象で効力は5月6日まで

2020年4月7日に、新型コロ …

上野公園で花見してた静岡県の高齢者男性が新型コロナに感染!花見で感染した疑い

静岡県松崎町在住の高齢者が、東 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.