新型コロナの影響で困窮する学生に最大20万円給付決定!バイト収入減少への支援策

新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、アルバイトの収入が減少した学生に対して、1人あたり最大20万円給付の支援策が決定しました。

給付対象となるのは「大学」「大学院」「専門学校」「日本語学校」などに通うおよそ43万人で、学校側が学生の状況などを確認したうえで、日本学生支援機構を通じて給付をおこなうようです。

休業などの影響でアルバイト収入が減少した学生には10万円、このうち、住民税非課税世帯の学生には20万円を給付します。

萩生田文部科学大臣は「新型コロナウイルス感染症の影響で、進学や修学を諦めることがないよう、しっかりと支えていくことが何よりも重要で、速やかに必要な学生に支援が行き渡るよう早急に対応していきたい」とコメントしています。

こちらの記事もどうぞ

アルバイト収入減の学生に最大20万円給付決定 政府 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大による休業の影響でアルバイトの収入が減少した学生への支援策として、政府は1人当たり最大で20万円を給付することを決めました。給付に必要な531億円は今年度の第1次補正予算で計上した1兆5000億円の予備費から支出します。
参考:nhk.or.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

楽天モバイルがスマホ「Rakuten Mini」1円で販売!通話し放題・データ使い放題で1年間無料

楽天モバイルがスマホ「Raku …

兵庫県加西市が全職員からの10万円寄付で新型コロナ対策財源想定!市長「ぜひ基金への寄付を」

兵庫県加西市の西村和平市長が、 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.