全国最大規模となる横浜市の成人式がオンライン開催決定!振袖レンタル業者は大打撃か

2020年7月6日、横浜市は新型コロナウイルス収束の見通しが立たないとして、毎年1月に横浜アリーナで開催していた成人式「令和3年(2021年)『成人の日』を祝うつどい」を、オンラインでの動画配信で代替すると発表しました。

横浜市の成人式は例年全国最大規模で開催されていて、2021年の新成人は約3.7万人となっています。

オンライン開催の式典は、特設サイトを開設して、横浜市にゆかりのある著名人からのお祝いメッセージ動画の配信や、新成人や市民からの写真やお祝いメッセージを投稿できるようにするようです。

新成人には個別に特設サイトのアドレス等を記載した案内状を郵送するとのことなので、完全クローズドの特設サイトになるのかもしれません。

詳しい式典内容は2020年12月中旬までに発表するようです。

振袖レンタル業者にとっては卒業式や入学式に続き、新型コロナウイルスの影響での打撃となりそうです。

今後も新型コロナウイルスの収束が見通せないため、オンライン開催に代替する自治体が相次いで登場する可能性もありそうです。

横浜市の新成人を全員集めての開催は、感染リスクを考えると難しいと思いますが、小学校の学区単位程度の人数で各小学校で成人式の代替開催なら、学校再開している今大きなリスクにならないと思います。

成人式は小学校時代もしくは中学校時代の友人関係と再会する良い機会になっていると思うので、学区毎に各横浜市立の小学校で何か集まる機会ができればいいですね。

横浜の小学校全部でやってるのかは知りませんが、1/2成人式をやった記憶があるので、2/2成人式も不可能ではないと思います。

こちらの記事もどうぞ

令和3年「成人の日」を祝うつどいの開催方法を変更します

令和3年「成人の日」を祝うつどいについては、例年どおり、横浜アリーナでの集合開催に向け、検討をしてまいりました。
 
しかしながら、現段階で新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立っていないことや、式典によって、感染拡大を引き起こす可能性が否定できないことから、集合開催は断念せざるを得ないという決断に至りました。

令和3年「成人の日」を祝うつどいは、初めての試みとして、特設サイトによる「オンライン成人式」として開催いたします。特設サイトには、横浜市にゆかりのある著名人からのお祝いメッセージ動画の配信や、新成人の皆様をはじめ、市民の皆様から写真やお祝いメッセージのご投稿をいただくなど、従来の式典以上に皆様が参加してよかったと感じていただけるように準備を進めてまいります。参考:city.yokohama.lg.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

Go Toトラベルの割引額がまさかの課税対象と判明!Go Toキャンペーン利用者は要注意

国内旅行代金の50%相当額を国 …

PS5が予約できない人もクリスマス前後までに購入可能か!SIE・CEOが生産を急ピッチで続けていると発表

現在全世界で激しい予約戦争が繰 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.