東京ディズニー休園の影響で浦安市の税収に大打撃!浦安市長「過去に例のない減収で非常に厳しい状況」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京ディズニーリゾートが長期間休業した事による影響を受け、千葉県浦安市の今年度の市税収入が当初の予想より42億円近く少なくなる見通しが出ているようです。

東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)は約4ヶ月間休園した影響で、浦安市内の観光業は大打撃を受けました。

この休園の影響を受け、法人市民税を中心に約42億円減収となるようです。

浦安市は減収穴埋めの為に地方債を11億円発行し、街路樹の整備や公共施設の修繕積み立てを取り止めるなどして、今年度の事業計画の見直しを進めているようです。

浦安市長は「過去に例のない減収で非常に厳しい状況だが、市民サービスを停滞させることなく乗り越えていきたい」とコメントしています。

東京ディズニーリゾート休園で浦安市税42億円減収に

新型コロナウイルスの影響で、東京ディズニーリゾートが長期間休業したことによる観光業の大幅な落ち込みを受けて、地元の千葉県浦安市は、今年度の市税収入が当初の予想より42億円近く少なくなる見通しとなりました。
参考:nhk.or.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

第44回隅田川花火大会2021が開催中止を発表!延期開催もなし 2年連続で中止に

2021年10月23日 土曜日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.