愛知県で超密ノーマスクで騒ぎまくる無法地帯の大型音楽フェス「波物語2021」感染拡大必須の感染パーティか

2021年8月28日・29日の2日間、愛知県常滑市にある「AICHI SKY EXPO」で開催された大型HIPHOP系音楽イベント「NAMIMONOGATARI 2021(波物語)」で、観客のノーマスク率も高く、ソーシャルディスタンスもなく超密接した状況で大騒ぎしている様子の動画が公開されて話題になっています。

愛知県では緊急事態宣言が発令されている状況でしたが、運営は感染対策をしているという表示をしているものの現実問題としてほとんど対策していない会場の様子が次々と報告されていて炎上しています。

また緊急事態宣言の開催中、強行開催されたにもかかわらずチケットの払い戻しの問い合わせに対し「緊急事態宣言中でもイベントはやってもいいんですよー?」「開催される以上、払い戻しはありませんよ」との対応も炎上しています。

常滑市長の抗議文には緊急事態宣言中の観客上限となる5,000人をはるかに超えて密集しており、酒類の提供も行われとやりたい放題の運営をしていたことが記載されています。

実際に観客がノーマスク飲酒で楽しんでいる様子が次々と報告されていて、常滑市長は本イベントを「極めて悪質なイベント」と表現しています。

波物語は以前からトラブルの絶えないイベントだったようで、常滑市長も今回の開催を危惧していたようです。

結果として「今後二度と本紙の施設であるりんくうビーチを使用させない」と常滑市長は激怒しています。

先日大型音楽フェス「フジロック」が大炎上しましたが、本イベントを見た後だとフジロックがまともに見えてしまうほどの状況です。

会場の様子を見ると感染拡大しない要素はなく、ネット上では感染拡大必須の感染パーティーだと話題になっています。

また、9月1日・2日には同じ主催者が横浜アリーナで同様の大型HIPHOP系イベントを開催すると告知されているようで、中止を要請する多くの声がネット上で出ています。

※追記
クラスターが発生しました。

大御所も出演してるのにこれなのか…
これじゃ所詮はこんなもんって思われてもしょうがないじゃん…
自ら自分らの首を絞めているようにしか見えないよ。

こちらの記事もオススメです!

ノーマスク超密で騒ぎまくる会場の動画

毎日引けるクーポンガチャ
無料で読める本が豊富

「正義」の意味を問う問題作

スペシャル会員登録

今なら当サイトから無料会員登録で

すぐに使用可能な50%オフクーポンプレゼント

電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

参加者が普通に飲酒しノーマスクで楽しむ様子

飲酒運転しながら会場に向かった可能性のある参加者

イベント中に新型コロナ感染の初期症状を報告する参加者

感染対策実施と表示もほぼ守られず

運営が史上最高と公開した客を騒がせる様子を消去

参加者「正直コロナかかってもいい」との認識

決められたエリア外での飲食禁止もほぼ徹底できずゴミ散乱

運営「開催される以上、払い戻しはありませんよ」

愛知県は病床宿泊施設ひっぱく状況第1位

常滑市長が激おこで抗議文送付「上限5000人無視で酒類提供など極めて悪質なイベント」

県知事も激おこ「このフェスはこれで終わり。今後やってもらっちゃ困る」

イベント終了後に早朝5時までアフターパーティ開催か

イベント出演者 一覧

同じ参加者多数の大型音楽フェスが9月1日に開催 横浜で感染拡大か

波物語のイベント主催者(運営会社)は感染症対策事業も営む

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.