東京・立川市のキャバクラ店に警察がシャッター破壊し強行突入!時間外営業で7億円超売上

東京・立川市のキャバクラ店に警察がシャッター破壊し強行突入!時間外営業で7億円超売上2019年2月3日、東京都立川市で、警視庁の立ち入りを拒否して、時間外営業を続けていたキャバクラ店「CLUB Sign」が摘発されました。

この店は営業時間外の午前1時以降もシャッターを閉めて営業しており、警視庁の立ち入りを拒否し続けていたため、機動隊員が店のシャッターをエンジンカッターで切り、強行突入後に強制捜査に踏み切りました。

強制捜査の結果店長を含む3人を現行犯逮捕しました。

警視庁は、この店が5年ほどで7億円超を売り上げていたとみて調べているようです。

現場から連行される店内にいた多くの人間が、ブルーシートに包まり集団で動いている映像はなんとも奇妙な様子です。

機動隊が強行突入した時間外営業のキャバクラ摘発



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

北海道で軽自動車が大暴走し何度も車にぶつけ通報しようとした人に特攻して故意にひく!最後に車に突撃するリアルGTA事件

2021年6月18日 18時前 …

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.