散歩中に犬を何度も蹴り飛ばす飼い主が保護に動いた人に包丁を振り回しながら大暴れ!警察も動き一時保護に成功

散歩中に犬を何度も蹴り飛ばす飼い主が保護に動いた人に包丁を振り回しながら大暴れ!警察も動き一時保護に成功虐待する奴は絶対言うセリフ「虐待じゃなくてしつけ」。

先日京都府で、散歩中の犬を何度も蹴る飼い主の動画がTwitter上で報告されて炎上しましたが、どうやら事態に進展があり一時的にではありますが、無事に虐待されていた犬は保護されたようです。

犬に虐待を行っていた飼い主の中高年女性から犬を保護する際に、犬を保護した団体との間には壮絶なバトルが発生していたことも伝えられています。

飼い主は包丁を振り回しながら「おまえの家に火をつけてやる」「刺し殺してやる」などと保護しに来た団体を脅迫していた様です。

飼い主を取材した動画からは、近所でトラブルが多発していることや、取材中に支離滅裂な発言をしている事がわかります。

虐待する人は全力で取り上げられたものを取り戻そうとしてきますが、そのモチベーションはまた虐待するためだと言われています。

人間も動物も共に言えることですが、虐待をしつけだと自分に言い聞かせ、自らのストレスを発散する物として扱っている人は世界中に沢山いて、そのほとんどは保護されることも、認知されることもないと思います。

虐待されている側は、日々耐えるしかなく周りが保護するほか救われる方法はありません。

人間や動物を殺傷・殴る・蹴るなどの虐待や遺棄、SNSなどの虐待動画・画像に関しましては、警察へ通報することが当然ですし、なにかおかしいと思うことがあった場合は、警察に相談したり、各種団体に相談してみてください。

間違っていても「間違いで良かった」で終われます。

こちらの記事もオススメです!

動物虐待から保護されるきっかけになった虐待動画

虐待されていた犬を保護した団体による診断結果等

動画を投稿したユーザの事後報告

京都動物虐待の事を取り上げたニュース番組

京都動物虐待 飼い主の呆れた言い分

人や動物の虐待を相談する連絡先

  • 警察緊急通報ダイヤル:110
  • 警察相談ダイヤル:#9110/li>
  • 児童相談所全国共通ダイヤル:189
それでも夜は明ける(字幕版)

それでも夜は明ける(字幕版)

キウェテル・イジョフォー, マイケル・ファスベンダー, ベネディクト・カンバーバッチ
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

大黒PAに車の進路妨害をする歩行者が出現「環境活動家かな?」「やべーのいた」

横浜市の首都高速にある大黒PA …

東名高速を走行中にトラックからハシゴが飛んでくる「マジで殺人未遂!死ぬかと思った」

東名高速道路を走行中に、トラッ …

コメント

  1. 罰ではなく調教ですよ
    タラオより

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.