コスモ石油がハイオク虚偽表示!洗浄添加剤入れず他社のガソリンと混合して販売

こんな事が許されるはずがない、全自動車ユーザへの裏切りだ。

コスモ石油が販売しているハイオクガソリン「スーパーマグナム」について、エンジン内部を洗浄する添加剤を添加していないにもかかわらず、10年以上虚偽の性能を広告していた事が判明しました。

さらに、コスモ石油のハイオクガソリンは、他社とタンクを共同利用して混合したり、他社から買取ったりしたガソリンを自社製として出荷していることが判明しているようです。

車好きはガソリンにこだわっているユーザも多く、同じブランドのガソリンを使い続けているユーザも多いです。

コスモ石油がHP上に記載しているスーパーマグナムの性能を信じて、長い間わざわざコスモ石油を探して給油していたユーザや、コスモ石油しか利用してこなかったユーザにとっては、長い期間騙されていたと非常に悲しい思いをしていると思います。

どのような経緯があってこのような虚偽の広告をし続けていたのかは知りませんが、どのような経緯だったにせよ、景品表示法違反(優良誤認)に該当する可能性は非常に高いのではないでしょうか。

私はシェル「Shell V-Power」の性能を信じて、BNR34に乗ってから同一店舗でV-Powerを入れ続けています。プラシーボかもしれませんが他社ハイオクに比べて、エンジン内部のカーボン洗浄能力が高く、綺麗な状態が保てています。

オイル交換などの影響もあると思いますが、少なくとも私は信じています。

もし、混合ガソリンを販売していたのがシェルだったとしたら、おそらくガソリンが爆発するよりも激しく私の闘志も爆発していたことでしょう。

コスモ石油以外にも、嫌な報道が出てきていますが、正式なリリースなどを静観していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ

コスモがハイオク虚偽表示 洗浄添加物なし

石油元売り3位のコスモ石油が「スーパーマグナム」のブランドで販売するハイオクガソリンについて、エンジンの汚れを取り除く添加剤が入っていないのに10年以上、「使い続けるほどにきれいにしてくれる」と虚偽の性能を公式ホームページ(HP)に記載していたことが判明した。同社は毎日新聞の取材に記載内容が不適切だったことを認め、4月にHPを修正した。
参考:mainichi.jp

コスモ石油ホームページ上の記載修正について

コスモ石油マーケティング株式会社では、ホームページ内のハイオクガソリン「スーパーマグナム」に関する記載(https://com.cosmo-oil.co.jp/ss/magnum.html)につきまして、修正を行いましたのでお知らせ致します。

これは「スーパーマグナム」の特徴に関する記載につきまして、一部お客様の誤解を招く可能性がある表現がありましたため、修正を行うものです。ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

今後、当社を含むコスモエネルギーグループ主要各社のホームページの記載内容について定期的に見直しを行い、適時必要な修正を行う体制を構築してまいります。

なお、ハイオクガソリン「スーパーマグナム」の販売や商品規格については、今回の記載内容修正の前後で変更ございませんので、併せましてお知らせ致します。
参考:cosmo-oil.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

バイクに殺人的に危険なあおり運転するプリウス登場!腕をつかんだりバイクを押す

横浜市緑区にある横浜町田IC付 …

愛知県岡崎市でプリウスがあおり運転で進路を塞ぎ威嚇行為!DQN運転手「でてこいや!」

2020年10月12日に、愛知 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.