東大刺傷事件の高校生が在籍する東海高校の謝罪コメントが賛否両論で炎上「コロナ禍で生徒が分断」

2022年1月15日 8時30分頃に大学入学共通テストが実施される東京大学前の路上で、受験生ら3人が刃物で刺された事件で、逮捕された男子高校生が在籍している高校が、16日に謝罪コメントを発表しました。

謝罪コメントでは「コロナ禍で生徒が分断」と今回の事件が起った原因が新型コロナウイルスの影響によるものと受け取れる内容となっているため、賛否両論となっていて炎上しています。

また、そもそも事件と関係ない学校が謝罪する立場にはないとの指摘も相次いでいる状況です。

現在、東海高校(名古屋)のHPはサーバーダウンしている状況です。

学校は教育する施設、生徒自体の生活は保護者が担当するのが通り。
放課後や私生活のことまで学校に対応させようとするのはおかしいと思う。

こちらの記事もオススメです!

刺傷容疑の少年が通う高校が謝罪コメント「コロナ禍で生徒が分断」

大学入学共通テストの受験生らが刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された少年(17)が通う高校が16日、コメントを出した。全文は次の通り。

本校在籍生徒が事件に関わり、受験生の皆さん、保護者・学校関係者の皆さんにご心配をおかけしたことについて、学校としてお詫(わ)びします。  本校は、もとより勉学だけが学校生活のすべてではないというメッセージを、授業の場のみならず、さまざまな自主活動を通じて、発信してきました。また本校の長い歴史のなかで、そのような校風を培ってきました。ところが、昨今のコロナ禍のなかで、学校行事の大部分が中止となったこともあり、学校からメッセージが届かず、正反対の受け止めをしている生徒がいることがわかりました。これは私たち教職員にとっても反省すべき点です。「密」をつくるなという社会風潮のなかで、個々の生徒が分断され、そのなかで孤立感を深めている生徒が存在しているのかもしれません。今回の事件も、事件に関わった本校生徒の身勝手な言動は、孤立感にさいなまれて自分しか見えていない状況のなかで引き起こされたものと思われます。今後の私たちの課題は、そのような生徒にどのように手を差し伸べていくかということであり、それが根本的な再発防止策であると考えます。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

首都高・辰巳第二PAを意図的に逆走するプリウスが話題に!高齢男性風の運転手が窓から顔出し逆走

首都高速道路にある辰巳第二PA …

静岡でイキリスリップしたRX-8が歩道に突っ込み大破!一部始終がライブカメラに映る

2024年2月29日、静岡県浜 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.