Home / ニュース / 政治 / 2020年東京五輪の会場仮設費用は東京都が全額負担!都外の費用500億円を都民の税金で負担!

2020年東京五輪の会場仮設費用は東京都が全額負担!都外の費用500億円を都民の税金で負担!

2020年東京五輪の会場仮設費用は東京都が全額負担!都外の費用500億円を都民の税金で負担!2020年東京五輪(オリンピック)・パラリンピックの競技会場の整備費用の分担で、東京都以外の7道県4政令市に設置する会場仮設費用約500億円を、都が全額負担することで最終調整していることがわかりました。

東京都知事選挙の際に「東京五輪・パラリンピックの費用削減」を公約にあげていた小池知事ですが、各知事にせかされてようやく決断されたようです。

Twitter上ではこのニュースを受けて怒り狂った都民や、怒りのふるさと納税で東京都への納税を少しでも減らそうとしている都民が見受けられます。


スポンサーリンク

<20年東京五輪>仮設、都が全額負担へ 都外500億円分

2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場の整備費用分担を巡り、東京都外の7道県4政令市に設置する競技会場の仮設整備費用約500億円を、都が全額負担することで最終調整していることが10日、関係者への取材で分かった。小池百合子都知事は11日午前に安倍晋三首相と面会する予定で、調整できれば都の意向を伝える。
参考:headlines.yahoo.co.jp,nikkei.com

ニュースを受けて怒り狂う東京都民達


関連記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

車泥棒を体当たり撃退!カージャックされた女性の危ない行為が世界中で話題に

アメリカで起きた自動車強奪事件 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.