ホーム / ニュース / 政治 / フィリピン政府がマニラの「慰安婦像」を豪快に強制撤去!「日本に対する反発だと判明したため」

フィリピン政府がマニラの「慰安婦像」を豪快に強制撤去!「日本に対する反発だと判明したため」

フィリピン政府がマニラの「慰安婦像」を豪快に強制撤去!「日本に対する反発だと判明したため」昨年12月、フィリピンの首都マニラに中華系財団などが設置した「慰安婦像」ですが、フィリピン政府が強制的に撤去したと28日に報道されました。

撤去する数日前に重機が用意されて、27日夜に重機を使って女性像を豪快に穴を開けて撤去しました。

また女性像に関する物は全て撤去されて、一緒に持ち去られました。

撤去に当たって、27日フィリピン政府は日本大使館に女性像を撤去すると事前に連絡していたようです。

日本政府はこれまで女性像設置に「遺憾」を表明してきており、フィリピン政府に対して設置された経緯などを明らかにするように求めてきました。

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領に対して、フィリピン外相が「女性像は日本との関係に影響を与える」と伝えて、女性像が建てられた経緯を調べてみたところ、フィリピンの主要援助国である日本に対して反発したものだと分かった。

像の設置に対して、現地人からは批判の声が殺到していたって言うし、他の国のいざこざ勝手に持ち込まれて自国が損害受けるなんて馬鹿馬鹿しいもんね。
参考:sankei.com,gogotsu.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

広島県・西広島バイパスでトヨタ アルファードが走行中に花火を走行車線に向かって発射 危険行為で警察が捜査開始

流石にこれはヤバい。危険すぎる …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.