自民党議員・松下新平が中国秘密警察とズブズブの関係だとひろゆきが言及!常務理事の中国人女性とも密接な関係か

中国共産党が欧米諸国に設置した非公式な警察組織「中国警察駐在所」では、海外の民主活動家らに接触し、反中国的な活動を止めるように脅迫したり、強制的に帰国させるなどの活動をしていると報道されていますが、日本でも東京・神田に「中国警察駐在所」があり運営組織の高級顧問となっているのが自民党議員の松下新平議員だとひろゆきさんが言及し話題になっています。

中国の公安局が中国国内向けに公開した海外拠点リストには、東京都千代田区の住所が公開されていて、該当の住所には運営組織は「一般社団法人日本福州十邑(じゅうおう)社団聯合総会」という団体が登記されていて、中国の公安が「福州十邑聯合」を隠れ蓑に海外警察の活動を行っていると懸念されています。

松下新平議員は、警視庁にもマークされていて、中国警察駐在所の運営組織の常務理事となっている中国人女性を自身の外交顧問兼外交秘書として雇用し、議員会館の通行証を渡しおり、中国共産党の一帯一路推進会の理事長にも議員会館の通行証を渡しているともひろゆきさんが言及しています。

また、松下新平議員は福州十邑聯合の高級顧問となっているようで、事実上の中国秘密警察日本支部の高級顧問ということになっているようです。

自民党の岸田首相は「中国は日本の主権を侵害する活動が継続・強化している」と中国を名指しで批判していますが、党内の媚中議員を排除して健全化していくことはできるのか注目が集まります。

どうやら松下新平議員と中国の関係は以前から話題だったみたいだね。
自民党は媚中議員を排除できない理由があるのかな?

こちらの記事もオススメです!

ひろゆきが指摘する松下新平議員と中国の関係

中国警察駐在所の日本支部は神田で高級顧問は松下新平議員

中国警察のスパイと噂のハーリーホーンと松下新平議員

自民党議員が警視庁マークの「中国人女性」に溺れて首相に紹介

英国の公共放送BBCが先ごろ〈中国、警察の出先機関を外国で設置か〉と報じたが、なんとこの「違法拠点」は日本にも設置されている。さらに、自民党の松下新平参院議員(56)は、登記されている問題の団体の常務理事である40代の中国人女性と“密接”な関係にある上、この団体の「高級顧問」という役職に就任していたというのだ。

すでにオランダやアイルランドなどは、中国の「海外警察」に対し、違法拠点として閉鎖を命じているというが、中国の公安局が中国国内向けに公開した海外拠点のリストには東京都千代田区の住所が記されている。その住所には「一般社団法人日本福州十邑(じゅうおう)社団聯合総会」(以下、福州十邑聯合)という団体が登記されており、中国の公安局が福州十邑聯合を隠れみのに「海外警察」の活動を行っている懸念があるのだ。

今回、問題の核心にいるのが、福州十邑聯合の常務理事に就いている「呉麗香(仮名)」という40代の中国人女性。表向きは日本でナマコの貿易商を生業にしている。だが実は、松下議員と密接な関係にあるとして、警視庁にマークされてきたという。

かつて総務副大臣をつとめ、党政調副会長や外交部会長なども歴任してきた参院4回生の松下議員は、呉氏を「外交顧問兼外交秘書」として雇い、名刺を持たせ、参院議員会館に自由に立ち入りできる「通行証」まで取得させていた。

「警視庁公安部はかねて呉氏との関係から松下議員を監視対象にしてきました」とは警察庁関係者。

参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

スパイ

スパイ

坂東 忠信
1,760円(06/21 10:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

名古屋で外国人運転手が飲酒・信号無視で乗用車に突撃する事故「外人の飲酒運転許さん」

愛知県名古屋市の交差点で、コン …

首都高・大黒PAでイキリダッシュのチェイサーが壁に刺さる事故!ダサすぎると話題に

首都高・大黒PAで、イキリダッ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.