エンジンオイルの代わりにハチミツを使ったらどうなるのか?実際に検証してみた

エンジンオイルの代わりにハチミツを使ったらどうなるのか?実際に検証してみたエンジンオイルは名前の通りエンジンに使用するオイルで、主に金属の摩耗を軽減し、エンジン内の各部を潤滑するための物で、エンジンの動作に必須となります。

そんなエンジンオイルの代わりに、ハチミツをエンジンに入れてみると一体どうなるのか検証した動画があったので紹介します。

確かにハチミツはエンジンオイルよりも低温時の粘度が高そうで、ドロドロというよりもかなり固めの粘度になっています。

しかも高温になればハチミツの良いにおいが漂ってきそうで、乗り手もエンジンもハッピーになれそうな感じがします。

エンジンオイルとハチミツを摩耗テスターで試験したところ、どうやら性能は同じだったようです。

同じ性能であれば実際にエンジンに入れても、エンジンを十分に潤滑することができると考えられます。

しかし実際にハチミツを投入しエンジンを始動してみると、最初は順調でしたが次第にハチミツが温まり、良いにおいがしてきますがキャラメルになってしまい、エンジンはロックしてしまいました。

実験者は「ハチミツは間違いなくエンジンオイルの代替品として良くないので、試さないで下さい」と結論づけました。

ハチミツはエンジンオイルの代替品としてつかるのか実際に検証する動画


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

新型コロナのワクチン接種1回目!痛い?副反応は?など実際に体験した感想 まとめ

新型コロナウイルスに対する現時 …

カップラーメンに必要なお湯の量を徹底調査!メーカー毎に一番おいしくできる湯量 まとめ

日本には「カップラーメン」があ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.