Home / ゲーム / PS4 / グランツーリスモ6の体感型シミュレーターで現実とゲームを融和

グランツーリスモ6の体感型シミュレーターで現実とゲームを融和

グランツーリスモ6の体感型シミュレーターで現実とゲームを融和グランツーリスモは常にリアルを求めて開発が進められてきました。ハードウェアの進化によってグラフィックや挙動などはかなりリアルになってきたと思います。GT1からGT6で相当な歴史と進化がありました。しかし、リアルの限界はPSのコントローラーでは求められません。やはり、ハンドルコントローラーが必須となってきます。

現実で実際に車を運転していると必要になってくる一つ一つの情報。車の発する音、ハンドルから伝わる振動やブレーキペダルの重さ、加減速・横G等から情報を得てそれらを踏まえて運転操作をしていくと思います。それはハンドルコントローラーだけでは得ることは出来ません。

そこで最近活発になってきたのが「体感型シミュレーター」です。実際にシートが加減速やGによって動くのでプロドライバーも違和感なく操作ができる様です。また、プロレーサー達もこのような体感型シミュレーターを利用してトレーニングを行っていることも最近では珍しくありません。


スポンサーリンク

東京モーターショーのグランツーリスモブース

東京モーターショーのグランツーリスモブース2015年10月30日から11月8日まで開催されている「東京モーターショー2015」に出展されているグランツーリスモブースで実際にこの体感型シミュレーターが体験できるようです。使用されている物は「ACSIM-S07F」で7軸のシリンダーでシートを制御しているようです。そして、ブレーキペダルは実車で使われている油圧式に近づけるためにホントに油圧式になっています。凄いこだわりようです。しかし、お値段も個人で購入できるレベルは超えてきました。フルセットで¥1,936,000となっています。

体感型シミュレーターの動作デモ

メチャクチャやりたい。シートが動くのはやったこと無いんだよね。どんな感じなんだろう。実車にどれくらい近い感覚を得られるのか。気になりすぎる!

今後はグランツーリスモSPORTで実際のレーサーと一緒に表彰するFIA主催のレースも行われるので、どんどんe-Sportが盛り上がっていきそうですね。グランツーリスモの今後がとても楽しみです。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

バイオハザード7の最新トレイラーがPSX 2016で公開!デモアップデートも配信予定

ソニーが開催しているイベント「 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.