第7世代Coreシリーズ「Kaby Lake」発表!約25%高速化されたCore i7-7700K

第7世代Coreシリーズ「Kaby Lake」発表!約25%高速化されたCore i7-7700Kインテル(Intel)から「Kaby Lake」という開発コードで呼ばれたきた、第7世代Coreプロセッサ34製品が発表されました。第7世代の「Kaby Lake」はプロセッサに14nm+プロセスを採用しており、高性能かつ低消費電力が特徴となっています。

インテルの発表によると「Core i7-7700K」は「Core i7-4770K」に比べて約25%高速化されているとのことです。

Core i7-7700Kの価格は339ドル(約39,000円)で発売されます。

こちらの記事もオススメです!

最上位モデルのCore i7-7700Kは最大4.5GHz動作

最上位モデルのCore i7-7700Kは最大4.5GHz動作「Core i7-7700K」は定格4.2GHz、最大4.5GHzという高クロックで動作するモデルになっています。Kなしモデルの「Core i7-7700」は定格3.6GHz、最大4.2GHzで動作します。結構違いが出ています。

今すぐ無料でダウンロード
栄養士から毎日アドバイス

無料人気ダイエットアプリ

あすけん

食事写真を画像解析

自動で栄養計算されるので手間いらず

会員登録不要で即プレイ!
美少女を合体させて強化

美少女ミリ萌系 人気ブラウザゲーム

ビビッドアーミー

陸・空・海を制覇せよ!

強化合体ループに興奮度MAX

簡易液冷クーラーであっさり5GHzの安定動作

4Gamerの検証結果によると、空冷時では4.8GHz動作が限界だったが、簡易液冷に変更するとあっさり5GHzで安定動作したとのこと。

ゲーム用途としてはi7-6700Kから変更するにはあまりインパクトは無さそうですが、OCして常時5GHz動作を狙うためならかなり手軽に扱えそうなCPUとなっているようです。

OCも昔は一部のマニアのみが狂ったように行っていたイメージでしたが、最近は随分簡単に誰でもできる様になってきましたね。時代の進化は素晴らしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ2848人感染確認!過去最多を更新し緊急事態宣言の効果なしか

2021年7月27日、東京都内 …

名古屋で車から突然降りて来た女性に殴りつけられる!ぶつかりそうになった事に腹を立てたか

2021年7月25日 11時2 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.