第7世代Coreシリーズ「Kaby Lake」発表!約25%高速化されたCore i7-7700K

第7世代Coreシリーズ「Kaby Lake」発表!約25%高速化されたCore i7-7700Kインテル(Intel)から「Kaby Lake」という開発コードで呼ばれたきた、第7世代Coreプロセッサ34製品が発表されました。第7世代の「Kaby Lake」はプロセッサに14nm+プロセスを採用しており、高性能かつ低消費電力が特徴となっています。

インテルの発表によると「Core i7-7700K」は「Core i7-4770K」に比べて約25%高速化されているとのことです。

Core i7-7700Kの価格は339ドル(約39,000円)で発売されます。

こちらの記事もオススメです!

最上位モデルのCore i7-7700Kは最大4.5GHz動作

最上位モデルのCore i7-7700Kは最大4.5GHz動作「Core i7-7700K」は定格4.2GHz、最大4.5GHzという高クロックで動作するモデルになっています。Kなしモデルの「Core i7-7700」は定格3.6GHz、最大4.2GHzで動作します。結構違いが出ています。

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

auのインターネット回線 auひかり

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

テレワーク・ゲームに必須の光回線
混雑回避の次世代通信方式で高速化

次世代通信対応でWiFiルーター永年無料

So-net 光 プラス

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大60,000円還元中

簡易液冷クーラーであっさり5GHzの安定動作

4Gamerの検証結果によると、空冷時では4.8GHz動作が限界だったが、簡易液冷に変更するとあっさり5GHzで安定動作したとのこと。

ゲーム用途としてはi7-6700Kから変更するにはあまりインパクトは無さそうですが、OCして常時5GHz動作を狙うためならかなり手軽に扱えそうなCPUとなっているようです。

OCも昔は一部のマニアのみが狂ったように行っていたイメージでしたが、最近は随分簡単に誰でもできる様になってきましたね。時代の進化は素晴らしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

プラモデルのように外装が交換できる車が登場!日産・180SXが一瞬でS15 シルビアに変身

まるでプラモデルのようにボディ …

新潟で乗用車がトレーラーに突っ込み大惨事の事故が発生!大型トラックなど4台が事故

2021年10月27日、新潟県 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.