Home / PC / MyPC / ロジクール キーボード K480 – マルチデバイス時代の救世主となるか

ロジクール キーボード K480 – マルチデバイス時代の救世主となるか

ロジクール キーボード K480 - マルチデバイス時代の救世主となるかスマホやタブレットの普及によって最近では1人あたり1.6台のモバイルデバイスを所有しているというデータがICT総研より2015年度に発表されました。おそらく自宅にも1台ぐらいはPCがあると思うので、1人で使用しているデバイスは3台ぐらいになるのかな?

ガラケー時代と比べると、スマホやタブレットってフリック入力で早く入力できるようになったけど、いくら早く入力できると言っても普段キーボードで打ち慣れている人にはストレスでしかありません。

PCで作業しててスマホに何かを受信したときに作業を一時中断して、スマホを手にとって、フリック入力で入力を行ってまたPCの作業に戻るという事が1日に何度もあるとストレスマッハです。

「スマホもタブレットもPCも全部同じキーボードで入力したい!」というユーザの声をフィードバックしたかのようなキーボードが今回ご紹介するロジクールのBluetooth マルチデバイス キーボード K480です。

今回はありがたいことにオレが大好きなLogicoolさんからレビュー依頼を頂いたので、マルチデバイス機能を中心に、どんな場面で利用すると便利に使えそうなのかを考察しながらレビューしていきたいと思います。

スマホやタブレットの普及によって最近では1人あたり1.6台のモバイルデバイスを所有しているというデー…

Review:Logicool BLUETOOTH MULTI-DEVICE KEYBOARD K480

デザイン
キーピッチ
ストローク
キー配列
機能性
耐久性

Good!

1人1端末では無いマルチデバイス時代に、もしかしたらK480が必需品となる時代がやってくるかもしれません。流石Logicoolと言ってしまうタイピング性能で、モバイル端末もストレス無くタイピングできます。

User Rating: Be the first one !
68


スポンサーリンク

PCを含むモバイル端末3台を登録できる

PCを含むモバイル端末3台を登録できる
このキーボード K480は1台のキーボードに3台までデバイスを登録できます。登録できるデバイスはWindows、Mac、Android、iOS(iPhone)と基本的に一般的な方が所有しているOS全てに対応しています。またChrome OSのPCにも対応しているようです。

端末の登録は超簡単

端末のBTをONにして、キーボードの接続ボタンを押すだけなので特に迷うこと無く端末とキーボードを接続することが出来ます。Androidはペア設定コードを入力する必要がありましたが、iOSでは特に入力の必要はありませんでした。

こんな感じで、キーボードの1~3にそれぞれ端末を登録して行きます。1に登録するときはダイヤルを1に合わせてペアリング設定を行います。2に設定するときはダイヤルを2に合わせて登録という感じです。

重さや大きさはタイピングの快適性能より

個人的にこういった小さい持ち運びが出来るキーボードは信用していなかった。普段メインPCではFILCOのMajestouch 2を利用していて快適にタイピングが行えているので、モバイルというか持ち運びに特化したスマホやタブレット用のキーボードだと凄いストレスが貯まるんじゃないかと思ってたんだよね。

でも、モバイル性能よりタイピング性能を重視しているのか打ちにくさはほとんど感じなかったです。流石ロジクール!

小さすぎるわけでもないし、重さもタイピングをするにはちょうど良くてタイピングしていてもキーボードが動かない。持ち運び用のキーボードで良くある小さい奴は結局10本の指使えないし、軽すぎてタイピングしているとズレていく事が良くあったんだけど、K480はそれらが一切無いね。

キーボードの押し心地はしっかり押すことが出来て、普段青軸を使っているオレでもしっかりと押している感じを感じ取れます。

K480なら自作自演も簡単にできる

動画では現代では過去の産物のようになってしまったチャットルームにXperiaとiPhoneで入室して、会話をしているように自作自演してみた。

注目して欲しいのは自作自演ではなく、キーボードの切り替え速度です。ほぼ遅延無くキーボードを切り替えて快適に両方の端末からチャットを行えています。2台端末があって両方に着信が頻繁にある方はK480を利用する事でかなり快適に作業することが出来そう。

大学の研究室や研究機関でWOZ(ウィザードオブオズ)法というまだ完成していないシステムをシステムの代わりに人が処理することを実験で用いる事が割とあると思うんだけど、その時にマルチデバイスキーボードは凄い重宝すると思う。被験者1人に対してエージェント3人を用いる実験で3人のエージェントをWOZ法で操るときにキーボードを3台用意するよりも、K480でデバイスを切り替えながら実験した方がスムーズに実験できそう。

ゲーマーならPS4+PSVita+PCの組み合わせ

ゲーマーならPS4+PSVita+PCの組み合わせなんとこのK480はPS4やPSVitaでも動作するようです!最近はオンラインプレイが当たり前のゲームが多いので、コントローラーだけでチャットをする必要があるときはキーボードをそれぞれにつなげたりとかするんだけど、これは1台で全部いけるから超便利かも!

PS4でオンラインプレイしてるときに、仲間とPCのSkypeでボイスチャットしていることが多いんだけど、PS4だけコントローラーもしくはつなげたキーボードで入力して、PCはまたメインキーボードに戻ってって言うのが案外しんどい。

1台のキーボードで切り替えられるのは凄い楽だね。PSVitaでも使えるからなかなか捗るよ。

オレ的にこの使い方はお勧めです。

1台あると便利なキーボード

このマルチデバイス時代に一家に一台あると何かと捗るキーボードです。

最近は会社支給のスマホがあったり、業務連絡がスマホのメールやLINEに来てしまう方にもお勧め。持ち運ぶとなると気合いが必要な重さだけど、家に帰ってから一気に返信する方が出先でフリック入力するより圧倒的に効率が良さそう。

昔は1万ぐらいした記憶があるんだけど、今は3千円台で買えるんだね… 良い時代になったな…

1人で複数のデバイスを使っている方にはお勧めのキーボードでした。

気になる点

褒めてばかりで気になったこと一つも言ってなかったよ…

    ・キーボードの表示が使っている間に消えそう。

    ・電池蓋が簡単に外れてしまう。

この2点ぐらいかな。特に電池蓋は結構気になるけど、この価格帯って事を考えるとあんまり気にならなくなるのかな…

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ロジクール キーボード K780 – OS・デバイスの垣根を越えて操作できる

先日、ロジクールのマルチデバイ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.