ガソリンはブランドによって性能が全然違う?ガソリン毎にエンジンの中が全然違うと話題に

ガソリンはブランドによって性能が全然違う?ガソリン毎にエンジンの中が全然違うと話題に日々値上がりを続ける、もはや生活必需品の「ガソリン」。

少しでも安いガソリンを求めて、家からちょっと遠いガソリンスタンドで給油している人もいるかもしれません。

そんな「ガソリン」ですが、ガソリンスタンド(ブランド)毎に品質が違うと話題になっています。

確か、日本ではレギュラーガソリンの品質はどこのスタンドでも対して変わらなかったと思いますが、ハイオクガソリンにはブランド毎に銘柄があり、各社それぞれ自社のハイオクガソリンの性能をアピールしています。

ハイオクガソリンにはガソリンに「添加剤」「エンジン洗浄剤」の様なものがくわえられていて、各社でそれぞれ違うものや違う配合をおこなっているため、違いが出てきます。

といっても、そんなに違うことはないだろうから最寄りのガソリンスタンドで給油するって人がほとんどだと思います。

どこのガソリンも一緒だと思う人が過半数の中、Twitterユーザが各ガソリンスタンドのハイオクガソリンを給油して、エンジンの状態を画像で比較できる投稿を行いました。

これを見ると、車を大事にしたい人はガソリンを選んだ方が良いかもしれませんね。

個人的には、エネオスはカーボンが貯まりやすくて、シェルのV-Powerはカーボンがかなり除去されるので、BNR34はシェル以外で給油したことはありません。当然車両によっては結果が異なることもあるとは思いますが…

今回ハイオク検証をしているユーザ達にもシェルは評価されているので、V-Powerの性能の良さは車両や乗り方による個体差では無さそうです。

こちらの記事もどうぞ

エネオス・シェル・エッソのハイオクガソリン毎の比較

エネオスのハイオクを1年使ったエンジンの中身



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

ついにガソリン価格が90年代の通常価格に戻る!レギュラー80円台の時代へ

新型コロナウイルスによる経済活 …

日本を中心にTwitterで障害発生中!TL(タイムライン)更新ができなくなる

2020年4月9日22時10分 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.