Home / 乗り物 / 自動車 / 2016年 絶版スポーツカー売れ筋ランキング発表!色あせない日本の名車

2016年 絶版スポーツカー売れ筋ランキング発表!色あせない日本の名車

2016年 絶版スポーツカー売れ筋ランキング発表!色あせない日本の名車中古車販売のガリバーが運営しているスポーツカー専門店「GT-Garage@Gulliver」から2016年度上半期(3月~8月)のスポーツカーランキングが発表されました。

発表された1~5位には様々な名車が発売されていた90年~00年の絶版スポーツカーがランクインしています。やっぱりあの時代は選択肢がいっぱいあったな。


スポンサーリンク

1~4位はワイルドスピード2に登場した日本の名車

    1位:RX-7(FD3S)
    2位:スープラ(JZA80)
    3位:スカイラインGT-R(BNR34)
    4位:S2000(AP1)
    5位:スカイラインGTターボ(ER34)

記事を作っていて気が付いたんですが、トップ4とワイルドスピード2に登場した車が同じ事に気が付きました。ワイルドスピードで人気が出る前に日本では既に人気があった車種ですが、こうしてみてもずば抜けた人気があった名車達だと言うことがよくわかります。

1位がFDっていうのはやっぱり頭文字Dと湾岸の影響なのかな?

スポーツカー選びの傾向

上位5位にランクインした車両はいずれも絶版モデルであり、流通量が減少していますが、車両価値は前年から約20%上がっており、人気は不動です。

GT-ガレージで、スポーツカーを購入する年代の特徴としては、10代〜20代と40代〜50代の二世代が中心です。10代〜20代の若い世代には、比較的手頃な価格の車両が選ばれ、40代以上の世代には、当時、憧れだったハイスペックの車両など、スポーツカーとはいえ、年代によっても選び方が異なる傾向となりました。

一方で、車種や仕様によってさまざまなスポーツカーを、自分の好みのクルマに徹底的にこだわるクルマ選びや、スポーツカーを所有する男女の割合が、9:1以上の割合で男性とされていることは、昔から変らず普遍的な状態であることがわかりました。
参考:221616.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

くりぃむしちゅー有田哲平がしゃべくり007で入籍・結婚を発表!相手の女性は一般女性で高橋ひとみ似

2016年12月5日のしゃべく …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.