NISSAN WGC34 ステージア RS – スカイラインワゴンは伊達じゃない。

NISSAN WGC34 Stagea RS - スカイラインワゴンは伊達じゃない。
日産 WGC34 ステージアRS。
この時代の車はやっぱり良いですね。
2000年から2015年まで長い付き合いでした。

15年間私が運転していたわけではありませんが、15年間ずっと乗り続けていました。
私と一緒に歳を取ってあらゆる場所で記憶を一緒に刻んできました。

最終的にはODDメーターは「64035Km」。
このうち、2万キロぐらいは運転したかな?
最後はサスも完全に抜けていましたが、最近のつまらない車よりは全然楽しかったです。
ありがとう。ステージア。

ZZRと同じく別れ動画を作りました。
動画として一つ残しておくと寂しくなったときにかなり良いです。
最後に乗せてあるので良かったら見てみて下さい。

こちらの記事もどうぞ

良い意味でのファミリカー

NISSAN WGC34 Stagea RS - スカイラインワゴンは伊達じゃない。
よく、家族を持つと車も変ってしまうと言います。
私にその感覚はよく分かりませんが、GT-Rに乗っていても家族が出来るとエルグランドとかノートとか広くて乗心地の良い車に買い換えますよね。
このステージアは変えるのは嫌だけど、この車ならファミリーカーとして奥さんから認められる車っていう位置づけでもあるようです。
弄ればそれなりに楽しいし、パーツも結構あり、スカイライン/ローレルと共通のプラットフォームなので色んな事が出来ます。
そういった所がこの車の良い所の一つかもしれません。
キャンプにも行けてドリフトも出来てって言う車はなかなか無いでしょう。

基本情報

販売期間:1996年 – 2001年
デザイン:井上真人
乗車定員:5人
ボディタイプ:5ドアステーションワゴン
エンジン:RB25DE 2.5L 直6 200馬力
変速機:4速AT (E-ATx)
駆動方式:FR
サスペンション:マルチリンク式
全長:4,800 – 4,885mm
全幅:1,755mm
全高:1,490 – 1,515mm
ホイールベース:2,720mm
車両重量:1,480 – 1,720kg

走行性能

まぁ、重たいです。
200馬力あっても足りないというのが本音です。
間違いなくターボが必要です。
ちなみにこの車NAでも「ハイオク」指定です。
燃費は7kmLぐらいです。

車体が重く長いので剛性感が不足しているのは確かですね。
ワゴンならしょうがないです。

エンジン性能

エンジンはやっぱりRB25だけあって良いです!
音も心地よいサウンドです。
上まで回すとパワー感があります。
RB特有のイグニッションコイルの故障はありましたが、それ以外は特になく快調そのものです。
6万キロ走ったエンジンって言う感じは全然しませんでした。

総評

「走る」車。メインがそういう車ならセカンドカーにこの車はありです。
かなりいっぱい荷物もつめるし、いじれば結構楽しい車になります。
家庭の事情で「走る」車から降りなきゃいけない人にもありだと思います。

オーテックならRB26を積んだMTです。
足だけきっちり作り直せばかなりいい車になると思います。

また、ステージアに乗る日がやってくるとしたらオーテックのMTですね。
次、この車に会うときはどうなってるんだろ。そのときがあれば楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

熊本県で歩道を爆走し暴走の限りを尽くすアルファードが登場

2020年10月3日 7時30 …

池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が裁判中に寝落ちか「うつむいたまま微動だにしない」

2019年4月19日、東京都豊 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.