Home / 乗り物 / 自動車 / NISSAN GT-R NISMO 2017年モデルがニュルブルクリンクでサプライズ登場

NISSAN GT-R NISMO 2017年モデルがニュルブルクリンクでサプライズ登場

NISSAN GT-R NISMO 2017年モデルがニュルブルクリンクでサプライズ登場5月26日から29日まで現在ドイツで「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」開催されています。ニュルと言えばやっぱりこの24時間耐久な訳ですが、予選初日の26日はトヨタ自動車の豊田章男社長がレクサスRCで予選アタックに出走するというサプライズがありました。毎年今年で最後って言っている気がするけど…w

そして27日。今度は我らが日産自動車から衝撃的なサプライズ発表が行われました。日産GT-R NISMOの2017年モデルの発表です。

R35の2017年モデルが発表されたからもしかしたらNISMO版も17年モデルで出てくるかと思ってたんだけど、こういう車ってモデルチェンジに合わせて出す車じゃ無いからほとんど可能性は無いと思ってたんだよね。でも、出たよw


スポンサーリンク

馬鹿デカいウィングと改良で日産車史上最大のダウンフォースを発揮

2017_nissan_nismo_gtr_03_sやっぱりデカすぎだよねw NISMOがこんな派手なマシン出してくるとは思わなかったけど、ダウンフォースを考えるとやっぱりしょうが無いな。

てか、これをロードゴーイングカーとして出すのが頭おかしいわw

2017年モデルの特徴的なグリル

2017_nissan_nismo_gtr_05_s2017年モデルから新しくなったこのフロントグリル。「Vモーショングリル」って名前が付いてるけど、空力性能を落とすこと無く、冷却性能を強化したようです。特徴的な形だね。

コックピットも2017年モデルを改良した仕様

2017_nissan_nismo_gtr_09_s2017年モデルからコックピットというかインテリアも一新され随分変更がありました。

センターダッシュボードのレイアウトも見直されて、現行モデルでは27個もあったスイッチが2017年モデルでは11個に削減しているなどの改良がみられます。8インチに拡大されたタッチパネルモニターも特徴的だね。

エンジンは2014年モデルと同じく600馬力

どうやら、ボディやコックピットは2017年モデルにバージョンアップしているみたいだけど、エンジンは2014年モデルから変わらないみたい。どうせならヴァージョンアップして欲しいけど、開発費用考えると難しいかもね。

発売は今夏予定

今回アナウンスされたのは発売時期だけで、車両価格や細かいスペック等については一切未発表です。

主要諸元

主要諸元

ギャラリー

参考:nissannews.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

秋限定の黄色いトンネル 日本の四季と日本の名車(BNR34)

 「日本には四季がある」は誤り …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.