Home / 乗り物 / 自動車 / 不正改造車を排除する運動の強化月間として6月から「違法マフラー取り締まり強化月間」開始!音量に注意

不正改造車を排除する運動の強化月間として6月から「違法マフラー取り締まり強化月間」開始!音量に注意

不正改造車を排除する運動の強化月間として6月から「違法マフラー取締」を特に強化!音量に注意6月1日より、「違法マフラー取締強化月間」が始まっています。基本的には「不正改造車を排除する運動」の強化月間ですが、今月は特に違法マフラーの排除に向けた取り組みを強化するとのことです。

全国169回の街頭検査を実施する予定とのこと。改造していない純正マフラーでも長期間利用して劣化している場合、基準値を超えている場合もあります。この場合でも問答無用で取り締まられるとのことです。

当然ですが、「なにが違法やねん競技用やボケ」という良いわけは通用しませんし、「中古で買ったときから付いていた」という良いわけも通用しないようです。合法改造を心がけましょう。

「不正改造車を排除する運動」強化月間(6月)が始まります

国土交通省では、6月を『不正改造車を排除する運動』の強化月間として、関係省庁、自動車関係団体等(別紙1)と連携し、街頭検査を集中的に実施するなど、騒音の原因となっている違法マフラー等悪質な不正改造車の排除に向けた取組みを強化します。

1.全国で169回の街頭検査を計画
 警察庁、独立行政法人自動車技術総合機構、軽自動車検査協会等との連携により実施し、違法マフラー等悪質な不正改造車に整備命令を発令。

2.自動車ユーザー等への啓発活動
 ・マスメディア、ポスター及びチラシ(別紙2~4)等により広報を実施。
 ・全国のバス事業者(別紙5)の協力によるバス車両への広報横断幕の掲示。
 ・自動車整備士養成施設等への出前講座の実施。
 ・不正改造についての認知度等に関するアンケート調査の実施。

3.不正改造車の排除ため情報収集等
 ・引き続き各運輸支局等に「不正改造車・黒煙110番」(別紙6)を設置。
 ・寄せられた情報をもとに、不正改造車ユーザーに対して警告ハガキを送付し、不正改造の改修及びその結果の報告を求める。
参考:mlit.go.jp

違法マフラーの代表例


おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

レッドバロンでオイル交換したらエンジンから異音が発生しエンスト!原因は「オイル入ってない」

店舗によって評判の偏りがかなり …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.