旧車の製廃パーツ救世主になるか!メルセデスベンツが3Dプリンタでメタルパーツを生成成功

旧車の製廃パーツ救世主になるか!メルセデスベンツが3Dプリンタでメタルパーツを生成成功スカイラインGT-Rも既に旧車と呼ばれるぐらい歳を取り、純正パーツも製造廃止されていて手に入らないパーツが増えてきました。旧車が好きで乗り続けている、こだわり続けているオーナーにこのニュースはとても未来がある内容ですよ!

メルセデスベンツが世界で初めて金属製のスペアパーツを3Dプリンタで生成して、厳格な品質保証プロセス全てに合格したというニュースが発表されたようです。

この技術が実用化されれば、製廃になったパーツをワンオフで長い時間と高額な費用をかけて作らなくても、短い時間でお手軽な価格で生成できそうです。

実用化が待ち遠しいです!

メルセデスベンツが初めてメタルパーツの3Dプリントしました

初めてメルセデスベンツは金属製のスペアパーツを3D印刷し、厳格な品質保証プロセスにすべて合格しました。

伝統的に、3Dプリンタは薄いプラスチックから物を作り出すことができただけですが、メルセデスベンツは最初にアルミニウムから部品を印刷し、そのプロセスを改善してトラックとユニモグのサーモスタットカバーを金属から作り出しました。

メルセデス・ベンツ・トラックはこれまでに一般に公開された最初の3D印刷された金属部品であると主張しており、まれに注文され、受注生産が必要な部品に最適な技術を展示しています。

声明で、メーカーは、3D印刷にはボタンをタッチしてどんな量でもコンポーネントを作成できるという単純な事実を含む多くの利点があると述べています。

Mercedes-Benz Trucksのカスタマーサービス&部品のマーケティング&オペレーション責任者によると、

Andreas Deuschle氏は次のように述べています。 「ワークショップでのスペアパーツの入手は、トラックがどれだけ古いか、場所に関係なく、お客様にとって不可欠です。3D印刷技術の特別な付加価値は、特にスペアパーツとスペシャルパーツを製造する際に、スピードと柔軟性を大幅に向上させることです。これにより、一連の生産が終了してからも、顧客がスペアパーツを迅速かつ魅力的な価格で提供できるという全く新しい可能性がもたらされます。
参考:carscoops.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

マークXの運転手の「あおり運転被害動画」がトラックにあおり運転しかけた動画で炎上

Youtubeで、トラックにあ …

インド型がさらに変異「デルタプラス」感染やワクチンによる免疫も効果なし

インド保健省が、インド型(デル …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.