トヨタが日本に「ニュルブルクリンク」をモデルにしたコースを建設予定!2019年初めにオープン予定

トヨタが日本に「ニュルブルクリンク」をモデルにしたコースを建設予定!2019年初めにオープン予定世界で最も過酷なサーキットとされる、ドイツの「ニュルブルクリンク(Nürburgring)」サーキットですが、トヨタが日本に小規模化した「ニュルブルクリンク」をモデルにしたコースを建設予定というニュースが出ています。

場所は愛知県にある研究開発施設で約2.5平方キロメートルの広大な敷地で、11のテストコースを組み入れる予定。

その1つに、ニュルの北コース(Nordschleife)の過酷なストレート、カーブ、ディップ、坂を再現したコースを作るとのことです。

このコースの建設には約30億ドル(約3200億円)の費用がかかると予想されていますが、完成すればドイツや世界のサーキットにわざわざ行く必要がなくなります。

この施設は2019年始めにオープンする予定ですが、全ての施設が機能するのは2023年までかかると予想されています。

トヨタが作るとなると、一般人が自分の車で走ることは出来なさそうだね。

ニュルみたいに、誰でもどんな車でも料金所でお金を払えば走れるサーキットが日本にもあれば良いのに。
参考:carscoops.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

「ジョーカー」こと「無敵の人」の調査で絶望的な事実が発覚!法務省「友好関係ほぼなし64%、無職75%、収入なし60%」

法務省が発表している「無差別殺 …

首都圏の1都3県「まん延防止」を要請へ!政府は1都9県に適用検討「行動制限を行う」

2022年1月17日、新型コロ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.