ホーム / 乗り物 / 自動車 / 駐車違反で駐禁を切られない裏技方法!警察の覆面パトカーが行っている対策とは

駐車違反で駐禁を切られない裏技方法!警察の覆面パトカーが行っている対策とは

駐車違反で駐禁を切られない裏技方法!警察の覆面パトカーが行っている対策とは現代は駐車禁止の標識が無いところを見つけるのは大変です。

私道というか私有地内にある道路ぐらいしか、駐車違反で反則切符を切られない場所は無いと考えても良いぐらい、駐車禁止の場所しか見かけません。

駐車監視員制度が出来てから、街には緑のおじさんが大量にあふれかえっていて、荷下ろしをしているトラックも容赦なく駐禁処理してステッカーを貼っていかれています。

そんな駐車違反ですが、警察は覆面パトカーに乗っているときに駐禁を切られないためにある裏技をして防いでいるようです。

警察だとアピールするために赤灯を助手席側に置く

なんと、警察は覆面だとわかるように「赤灯を助手席やダッシュボードに置いておく」ようです。

駐車禁止対策でそんな裏技を使っているとは思いませんでした。

赤灯は走行中に使用すれば当然違法ですが、所持しているだけでは何の問題も無いため、一般の運転手でもこの裏技は使えそうです。

ただし、この裏技を信じるか信じないかは貴方次第。警察は駐禁を切られても公務中であれば取り消し出来ますが、一般人だとそんなことは当然出来ません。

駐禁の罰金を払うぐらいなら、近くのコインパーキングに止めた方が断然安いです。

最初から駐車場に止めましょう。
参考:netallica.yahoo.co.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

2018年を振り返る「YouTube Rewind 2018」公開!今年は過去最悪の出来だと低評価の嵐

この動画が公開されると今年も残 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.