エアコンを使うと燃費が良くなる? 燃費と自動車エアコンの関係

エアコンを使うと燃費が良くなる? 燃費と自動車エアコンの関係現代においてエアコンを知らない人はほぼいないと思います。同時にエアコンを利用すると電気代が結構かかることも皆さんご存じだと思います。

夏場は車のエアコンを使わずに窓を開けて走行した方が当然燃費は良くなります。
しかし、状況や条件によってはエアコンを使わない方が燃費が悪くなることがあるみたいです。

こちらの記事もオススメです!

冷房を使うと何故燃費が悪くなるのか?

冷房や暖房、家庭用のエアコンとの違いは以前書いた記事に詳しく記載があります。
まずはこちらを読んでみて下さい。

自動車の冷房と暖房は燃費に影響する?

上記記事を読むと、エアコン(冷房)を利用すると何で燃費が悪くなるのかわかりますね。

要はエアコンを動かす動力分燃料が余計に必要になるからです。

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

電気自動車やHV自動車の場合は?

電気自動車やHV車の場合は?最近普及してきている電気自動車やハイブリッド(HV)自動車の場合はガソリンで走行する一般自動車とは事情が異なってきます。

エンジン自動車でのエアコン利用はエンジンの排熱を利用した冬場の暖房利用では燃費は良くなりますが、夏場はコンプレッサーを動かすため燃費が悪くなります。

しかし、電気自動車やHV自動車は冬場にエンジンの排熱を利用できないため、エアコン利用では冬場は燃費が悪く夏場は燃費が良くなります。

自分が乗っている車のことを良く理解して使い分けたいですね。

エアコン利用で燃費が良くなる条件

ここまで読んでくると、エンジンへの負担があると燃費が悪くなり、無いと燃費が良くなることがわかってきたと思います。

しかし、タイトルにもある通りエアコン利用時の方が燃費が良くなる例外条件があるようです。

夏場に窓を全開にして走行する場合です。

窓を開けると空気抵抗が大きくなり、走行時のエンジン負荷が増加して燃費が悪くなります。ただし、この条件には速度が大きく関係します。

一般道を走行しているならほとんど関係が無いようですが、50km/hを超える速度で巡航する場合は、窓を閉めてエアコンを利用した方が燃費が良くなるみたいです。
参考:car-me.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

スバリストが殺意全開のブレーキ攻撃を仕掛けて批判殺到!これは悪質すぎるあおり運転

2022年6月16日 2時20 …

ドライブデートで乗りたい車ランキング発表でまさかの日産・スカイラインが第1位!女性「男性が運転してて似合う車だから」

ドライブデートで乗りたい車につ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.