Home / 乗り物 / 自動車 / 今年も猛暑!熱い夏の車内を冷ます暑さ対策と暑さの原因まとめ

今年も猛暑!熱い夏の車内を冷ます暑さ対策と暑さの原因まとめ

今年も猛暑!熱い夏の車内を冷ます暑さ対策と暑さの原因まとめ熱い熱い熱い熱いぞ!

2016年は「史上最も熱い年」になる見込みとNASAが発表していましたが、毎年過去最高の猛暑を更新し続けている様な気がする!

熱い夏は冷房がガンガン効いた部屋でドクペを飲むのが最高だけど、ちょっと外に出るときに自動車を使うとき車内に乗り込もうとシートに座るとそこにはサウナのような暑さが待ち構えている!

JAFによると何も対策していない車内最高温度は57度に達する事もあるようで、正にサウナです。

というわけで、今回は暑い夏のカーライフを少しでも快適に過ごすために車内を冷ます暑さ対策の方法と、高温に達する暑さの原因をご紹介していきます。


スポンサーリンク

夏を乗り切るための車内温度を下げる暑さ対策方法

炎天下の熱い日差しの元に青空駐車されている車の熱気を一気に下げる方法をご紹介していきます。

特に特殊な道具や改造は必要ないので気軽に効果を実感できますよ!

ドアと窓を上手く使って一気に熱気を換気する方法

この方法は今は無き裏ワザ番組の伊東家の食卓で確か紹介されていたと思います。

かなり手軽に出来て一番効果が実感しやすい方法です。

    1.助手席側の窓のみを全開にして、他の窓は全て閉める。

    2.運転席のドアを5回程度開け閉めする。

何を行っているかというと、ドアを開け閉めする事によって助手席側の窓から強制換気を行っています。

約50度の熱気がこもった車内を一気に外気と同じ温度まで下げることが出来るので、結果的にあのムワッとした嫌な暑さが無くなるわけです。

車内の温度が下がるのでエアコンの効率も当然アップして燃費の向上にもつながると思います。

注意点としてはドアを強く開け閉めしてしまうとダメージを負ったり故障の原因になってしまうので丁寧に開け閉めしましょう。

トランクを開けて熱気を解放する方法

駐車中に車内に貯まった熱気はトランク内にも当然たまっています。

窓とドアを開けただけでは熱気は抜けにくいので、トランクも開けて熱気を解放して、車内の空気を入れ換えましょう。

    1.全てのドアとトランクを開けて車内の空気を入れ換える。

エアコンの使い方を工夫して早く冷やす方法

車内の温度を効率的に下げるにはやはりエアコンを使うのが最もベストな方法です。

しかし、エアコンも車に乗って、エンジンをかけて、窓を閉めて、エアコンを付けるといった通常の使い方よりも一工夫加えて利用すると、効果的に暑さを逃がすことが出来るのでお勧めです。

    1.全ての窓を開ける。

    2.エアコンを外気モードに設定し起動する。

    3.温度は最低に設定し、風量は最強にする。

    4.30秒~1分程度その状態でエアコンを使用する。

    5.車内の温度が外気よりも低くなったと感じたら窓を閉める。

    6.エアコンを内気モードに設定する。

この方法は最初に行う外気導入で一気に車内の熱気を強制排出するのでエアコンの効率が高くなり車内が冷え始めるのが早くなります。

燃費も抑えられるのでお勧めです。

夏に車内の温度が高くなる暑さの原因とは?

夏に車内の温度が高くなる暑さの原因とは?もちろんご存じの通り車内の温度を上げている原因はサンサン太陽さんなんですが、その太陽から熱を受け取り車内の温度を上げている自動車のパーツがあります。

車内の温度を上げている犯人はダッシュボードです。

大きなフロントガラスからふんだんに太陽光を吸収して、表面温度を上げて行き、その熱が車内の温度を上げる一番の原因になっています。

何も対策していない自動車のダッシュボード最高温度は約80度になっているようです。

という事は、サンシェード等のアイテムを使ってフロントガラスからの太陽光を遮断して上げれば良いという考えに至りますが、サンシェードでももちろん効果はありますが劇的な効果は無いんです。

サンシェードだと少なからず隙間が出来てしまい、その隙間から太陽光が刺さってしまうのであまり意味が無くなってしまいます。

当然使用している車種の形に完全に合わせてぴったりはまり、隙間が全くない厚みのあるサンシェードなら効果はあると思いますがなかなか難しいと思います。

そんなわけで、対策するならガラスに直接行ってしまった方が良いです。そこで紹介するのが断熱フィルム(IRカットフィルム)になります。車種別にカットしてくれるサービスや貼り付け施工してくれるカー用品店やディーラーで頼んでしまっても良いと思います。

お勧めの暑さ対策カーグッズ

サンシェード

定番ですね。隙間が空いてしまうとあまり効果は無さそうですが、手っ取り早く太陽光を遮断できるのでお勧めです。

車載扇風機

遮光カーテン

日陰に駐車出来ないときは暑さ対策をしよう!

今回は夏の強烈な暑さ対策のために様々な対策方法や、暑さの原因、暑さ対策グッズの紹介をしてきました。

夏はレジャーの季節なので車で外出する機会は増えると思いますのでその際に是非活用して頂ければと思います。

暑さ対策をしっかりと行って、快適な夏のカーライフを過ごしましょう!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

2016年 絶版スポーツカー売れ筋ランキング発表!色あせない日本の名車

中古車販売のガリバーが運営して …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.