NISMOが超ホンキの第二世代GT-R(R32・R33・R34)レストアを開始!電着塗装から内装をR35の表皮に張替えなど新車レベルでフルOH

第二世代GT-Rにとってまさに救世主となりそうな、NISMOのレストアビジネスが開始されます。

NISMOはスカイラインGT-R(BNR32、BCNR33、BNR34)を対象にした、新車当時の性能に一定のレベルで戻す事を目的とするレストアビジネス「NISMO restored car」を開始しました。

ショートパーツを含め車両を完全分解し、ニスモ基準でのBODY捩り剛性測定と、BODY寸法測定後、劣化値修正の為の良好なバランスを維持した修復、劣化したシーリングの再塗布後に、車体全てを再塗装します。オプションとして、電着塗装やメルシート交換まで用意されています。

次にエンジンのフルオーバーホールを行い、台上での性能確認が行われます。

クラッチ、トランスミッション、トランスファー、FR&FRプロペラシャフト、FR&FRデファレンシャル、 ドライブシャフト4本の駆動系は部位に合わせ新品部品へユニット交換、オーバーホール、再バランス取りなどの施工が施されます。

各部ゴムブッシュ交換やリンクアーム類の交換と再塗装、ショックアブソーバーとスプリングの交換または点検測定、ブレーキラインとキャリパーローター、クラッチライン、フューエルラインとタンク類、エアコン、 パワステポンプから始まるE-TS油圧ユニット、冷却系部位の交換又は点検、オーバーホールが実施されます。

電装系も作動点検確認と洗浄を実施し、ハーネスも劣化程度にあわせ、カプラー単体の交換を施す場合もあるようです。

そして、内装は市場に流通していないR35 GT-Rで使われている生地のみを使う張り替え施工を全ての部位で行い、プラスティック部位の塗装リペアも行います。

レストア作業が終わったら最終的なチェック走行へと進み、NISMOテストドライバーが7つの評価コースを仮定し、評価を行います。

最後に施工証明の一つとして、シリアルNo.で管理された専用のMODEL PALTEが取付けられるようです。

かなりホンキモードの本格的なレストアメニューが用意されたことによって、今後も増えて行くであろう第二世代GT-Rファンが安心して維持していくことができそうです。

こちらの記事もどうぞ

「NISMO restored car」とは?

“ニスモが定義するレストア施工” とは、視覚的に綺麗にするレストアという一般的な考え方/手法を超え、「性能も可視化した形でレストアする」という新たな概念で行う施工となります。

この事は、様々な状態で存在する施工対象車に対し、新車当時の性能に一定のレベルで戻す事を目的とした施工となり、また、様々な手法・技術・設備・施設等を活用したニスモにしか出来ない施工です。

“NISMO restored car” はオーナーにとって、唯一無二の車両となり、これからの何十年という年月、輝きと性能を維持し続ける事でしょう。

ニスモが定めるレストア施工とは?

参考:nismo.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

GTA5が新技術で完全に現実並のリアル感に!フォトリアル化技術の応用で古いゲームも超リアルへ

世界一売れているゲーム「グラン …

スタバの前で従業員同士の喧嘩が勃発!怒りで焦って殴り合い開始したため可愛すぎると話題に

スタバの店舗前で2人のスタッフ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.