NISMOからRB26DETT向け「R3ターボキット」発売 R1ターボキットより中低回転域でトルク向上

NISMOからRB26DETT(BNR32・BCNR33・BNR34など)エンジン搭載車向けに、R1ターボキットの後継モデルとなる「R3ターボキット (1441A-RSR47)」が発売されました。

価格は38.5万円で、2021年9月1日出荷開始です。

NISMOが発売していた「R1タービンキット」の後継モデルで、450PS/7600rpm、50kgfm/4800rpmまでのエンジンに最適なタービンとなっています。

R3ターボキットはR1ターボキットと比べ、中低回転域でのトルクが向上していて、街乗りでの扱いやすさとサーキットでの性能・耐久性を両立しています。

RB26用に新開発ターボキットが発売されるとは…この調子で第二世代GT-Rに力入れて欲しい!

こちらの記事もオススメです!

R3タービンキット 概要

仕様強化アクチュエーター付(ロッド長調整式)
NISMOロゴ入り
強化アクチュエーター出荷時値:開弁圧655mmHg/0.38mm、809mmHg/4.00mm
キット内容R3ターボ本体×2
ガスケットキット(日産純正部品)×1
スタッドボルト(日産純正部品)×8
スタッドボルト(日産純正部品)×10
適合車種RB26DETTエンジン搭載車
メーカー希望小売価格385,000円(税抜き:350,000円)
電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質1円 or モバイルWi-Fi実質0円

R3タービンキット 特徴

計測基準 : オリフィス制御、1.1kg/cm2 @7200rpm
タービン回転数165000rpmまで、入口温度950度まで

従来のR1ターボキットに対し、中低回転域でのトルク向上を狙ってコンプレッサーのA/Rを変更し、過給圧の立ち上がりを向上させました。その結果、純正ターボ同等まで中低回転域でのトルクが向上し、街乗りでの扱いやすさとサーキットでの性能・耐久性を両立しています。カム、ECMチューニングとの組み合わせによって450ps/7600rpm、50kgfm/4800rpm(当社計測基準に準ず)までのエンジンを製作される方に最適です。
参考:nismo.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

神奈川県で中学生たちがチャリで暴走する様子を自ら公開し披露するも当然炎上!停車中のR32 GT-Rと事故寸前の場面も

神奈川県相模原市で、中学生とみ …

【C100】型月・奈須きのこ氏のサークル竹箒の列がヤバすぎると話題に!フリマサイトで定価の約17倍で高額転売も正規品を通販サイトで購入可能

2022年8月14日、 東京・ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.