NISMOからRB26DETT向け「R3ターボキット」発売 R1ターボキットより中低回転域でトルク向上

NISMOからRB26DETT(BNR32・BCNR33・BNR34など)エンジン搭載車向けに、R1ターボキットの後継モデルとなる「R3ターボキット (1441A-RSR47)」が発売されました。

価格は38.5万円で、2021年9月1日出荷開始です。

NISMOが発売していた「R1タービンキット」の後継モデルで、450PS/7600rpm、50kgfm/4800rpmまでのエンジンに最適なタービンとなっています。

R3ターボキットはR1ターボキットと比べ、中低回転域でのトルクが向上していて、街乗りでの扱いやすさとサーキットでの性能・耐久性を両立しています。

RB26用に新開発ターボキットが発売されるとは…この調子で第二世代GT-Rに力入れて欲しい!

こちらの記事もオススメです!

R3タービンキット 概要

仕様強化アクチュエーター付(ロッド長調整式)
NISMOロゴ入り
強化アクチュエーター出荷時値:開弁圧655mmHg/0.38mm、809mmHg/4.00mm
キット内容R3ターボ本体×2
ガスケットキット(日産純正部品)×1
スタッドボルト(日産純正部品)×8
スタッドボルト(日産純正部品)×10
適合車種RB26DETTエンジン搭載車
メーカー希望小売価格385,000円(税抜き:350,000円)
Amazonユーザ必見!
東京ガスの新電力サービス

Amazonギフト券がずっともらえる

もらえる電気

もらえる電気で毎月お得に

使うだけで毎月の電気代から最大5%還元

テレワーク・ゲームに必須の光回線
混雑回避の次世代通信方式で高速化

次世代通信対応でWiFiルーター永年無料

So-net 光 プラス

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大60,000円還元中

R3タービンキット 特徴

計測基準 : オリフィス制御、1.1kg/cm2 @7200rpm
タービン回転数165000rpmまで、入口温度950度まで

従来のR1ターボキットに対し、中低回転域でのトルク向上を狙ってコンプレッサーのA/Rを変更し、過給圧の立ち上がりを向上させました。その結果、純正ターボ同等まで中低回転域でのトルクが向上し、街乗りでの扱いやすさとサーキットでの性能・耐久性を両立しています。カム、ECMチューニングとの組み合わせによって450ps/7600rpm、50kgfm/4800rpm(当社計測基準に準ず)までのエンジンを製作される方に最適です。
参考:nismo.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

栃木県の電車内で28歳男性に喫煙を注意した高校生が暴行受け重傷

2022年1月24日、栃木県に …

慶應大学生が都内のクラブで数百人規模のノーマスク成人式イベント開催でクラスター報道!なぜかほとんどの記事が消されてしまう

2022年1月10日、慶應義塾 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.