Home / 乗り物 / バイク / スタンドなしで自立・自律走行が可能なバイク「Honda Riding Assist」登場!

スタンドなしで自立・自律走行が可能なバイク「Honda Riding Assist」登場!

スタンドなしで自立・自律走行が可能なバイク「Honda Riding Assist」登場!マジかよ… ついに自立も電子制御でバランスとってくれる時代がきたー!

ホンダが世界最大級の家電見本市「CES 2017」でライダーが乗っていない状態でも、スタンドがかかっていない状態でも自立可能で、低速走行時や停止時のふらつきも電子制御でバランス制御してくれるHonda Riding Assistを発表しました。

これで、バイク初心者の登竜門「THE 立ち転け☆」ともおさらばだ!

ライダーの後ろをよちよちと付いてくる

今回発表されたホンダの新技術「Honda Riding Assist」はASIMOなどのロボット研究で得られたバランス制御技術を応用して作られた物のようです。今回のデモ機は「NC750C」がベースになっているようですが、おそらくだいたいの車両に応用が利きそうです。

「Honda Riding Assist」は動画でわかるとおり、ライダーが乗っていなくても自分でバランスを取って自立します。また、ライダーが乗っている状態でも、バランス制御してくれて停車時や低速時のふらつきを無くしてくれるようです。

この技術は流石ホンダといった感じ。バイクに乗っている人はわかると思うけど、初心者の頃に大変なのって「1速を断続クラッチでつないで走るぐらいの超低速走行時」にバランスを取ることなんだよね。軽いバイクならともかく、ちょっと重いクラスになってくると1回崩したバランスを取り戻して、元に戻るには相当体鍛えてないと無理。

だから初心者の登竜門として立ち転けがあるんです。もちろんベテランでもふとした拍子に立ち転けしてしまう事はあります。

この技術が実用化されたら、転けることが怖かったユーザ達がバイクに興味を持って見直してくれそうです。凄い将来性がある技術ですね。

個人的に気になるのは傾斜のある所でのバランス制御。当然まだベータ版だから平地だけでしか制御できないと思うけど、今後どれだけ応用が利くようになってくるのか凄い楽しみです。

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

神奈川日産の整備士が衝撃的な給与明細を公開!国内大手カーディーラーでも超低賃金

整備士は難易度が低い(2017 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.